合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

11月5日(土) 2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(論述対策編・大阪開催)の様子

約2分

11/5(土)、大阪・中津にて、
「2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 -論述対策編-」を開催いたしました。

当日は、継続してご参加いただいている方から、
新たに今年チャレンジする方をご紹介いただき、3名で講座を開催いたしました。
前回の和気あいあいとした雰囲気とは変わって、じっくり真剣に学ぶ場になりました。
ご参加いただいたみなさま、本日もありがとうございました。

今回も、論述対策編としてお話をいただいておりましたが、
少人数だったこともあり、1ケースだけ面接対策も行いました。

論述対策では、問2と問3の関係性であったり、
どこを課題として捉えるのかによって、書き方も大きく変わってくることを
互いの回答内容のシェアリングを通じて、学んでいただくことができました。

試験まで1ヵ月に迫ったことで、受講者のみなさんからは
「やる気出てきた」「真剣にやろうと思う」という言葉がちらほら聞かれました。
いよいよ本腰を入れて取り組まれているようで、嬉しい言葉ですね。

それでは、当日いただいた受講者の声を紹介をいたします。

【受講者アンケート】(一部抜粋)
161105アンケート-1 161105アンケート-2 161105アンケート-3

今回の講座の中でも、前回同様の要点として、
標準レベルと熟練レベルの差についてお話をさせていただきました。

あくまでも目安として、ですが

  1. キャリア支援(相談)をできるレベルが標準。
  2. キャリア支援(相談)を「安定的に」「きちんと」できるレベルが熟練。

今回の学びの中で、この差を肌で感じた瞬間に
思わず「うーん、これは難しい」と唸る受講生の様子が印象的でした。

また次回もぜひ、お越しいただいて、
継続的な学びから成長していって欲しいなと思っています。

今回参加できなかった方も、どうぞお気軽にご参加ください。

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。

この記事にコメントをする

*
*
* (公開されません)