合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

12月18日(日) 2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・大阪開催)の様子

約2分

12/18(金)、新大阪にて、
「2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 -面接指導編-」を開催いたしました。

当日は、論述対策編からご参加いただいている2名の方に、引き続きお越しいただきました。
ご参加いただいたみなさま、本日もありがとうございました。
学科試験と論述試験が終わった直後ということもあってか、
話したいこと・聴いてほしいことがをたくさんお持ちでいらっしゃいました。
試験あるある、ですね(笑)

面接指導編が初回であることと、お二人とも特に「問題把握」「具体的展開」に課題感があるとのことで、
試験前に送られてきた資料にある5人のケースについて、講師も交えてディスカッションしながら
ケース理解を進めることに時間を使いました。

基礎知識編で学んだ「クライアント中心」を踏まえた問題把握の難しさと大切さを実感する機会になったようで
「まだ課題感があるので、持ち帰ってもう一度自分できちんと見直したい」とのお言葉を
前向きなニュアンスでいただくことができました。
参加者の方が一歩ずつ前進しておられることを、講師としても心強く感じます。

それでは、当日いただいた受講者の声を紹介をいたします。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 自分が身近に経験しているケース(同年代など)であればわかりやすいが、そうでないケースはもっと訓練がいると感じた
  • 具体的展開について、いつ・どうやって切り出すかが課題だった。今日の講座でポイントが見えてきた
  • 今日学んだことを生かして、次回はぜひロールプレイをやって試してみたい

いつも、本当にありがたい言葉をいただいております。
年明けの本番に向けて、少しでも自信につながる学びができるよう、私もサポートしていきたいと思います。

今回参加できなかった方も、どうぞお気軽にご参加ください。

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。

この記事にコメントをする

*
*
* (公開されません)