合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

若者のキャリア支援実務者勉強会にて、弊社代表が登壇しました

約3分

6/18(日)に、京都・河原町五条にて、
弊社代表の八阪が「若者のキャリア支援実務者勉強会」にて登壇をいたしましたので、ご報告します。

当日は日頃学生の就職支援に携わる方を中心に、企業の人事担当者や公的機関で女性支援を担当する方など、
各方面の第一線のキャリアコンサルタントが集まりました。

今回は「プロのキャリアコンサルタントとは」というテーマでしたが、
参加された方々は現場で日々苦労されていることを考慮して、
まずは疑問や課題を感じておられることをひとつひとつ拾い上げることからはじめました。
その後に、キャリアコンサルタントとしてあるべき姿・原則について学ぶことで、
ご自身の日頃の業務と紐付けながら振り返ることができるよう、お伝えさせていただきました。

受講後アンケートには、抜粋するのも悩んでしまうほどに、
本当にたくさんの温かいコメントをいただき、たいへんありがたいことと感じております。
講義後も講師の元へ質問に来る方が絶えず、熱心に学ぼうとされている様子がとても印象に残る講座でした。

【受講者アンケート】(概要)

  • キャリアコンサルタントのプロとして何が必要かを自分なりに考えて実行していくことが重要であると気づきました
  • プロを目指すのに忘れてはならないことを再確認させていただきました
  • 八阪さんのカウンセリングの実務経験を踏まえたお話が大変勉強になりました
  • パティシエの事例からキャリコンの事例への説明が具体的でわかりやすかったです
  • キャリアコンサルタントとして何が大切か、八阪さんから話をしていただいたことが勉強になりました。相手の考えや方法論を受容したうえで気づきを与えていくというところが納得をし、感銘いたしました
  • 大学の就職課で働いていますが(職場から)求められる内容と自分の考えるカウンセリングが異なることで悩んでいたのですが、キャリアコンサルタントとはプロとして何をすべきかはっきりわかった
  • キャリアコンサルタントとして自らの言葉に責任を持ちたいと思います
  • 私たちの仕事は人の人生に関わることだと改めて自覚しました
  • (キャリアコンサルタントである)自らのキャリアビジョンを明確にし、なりたい自分、ありたい自分に欠けているものを探求していきたいと思っています
  • 徹底して顧客目線で支援しているスタイルだと感じました

【受講者アンケート】(詳細・PDFファイルが開きます)
その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10
その11 その12 その13 その14

わたしたち働く楽しさ研究所では、
今回の講座のように、キャリアコンサルタントとしての気づきや成長に繋がる講座・セミナーを、
これからも積極的に実施していきたいと考えております。

講演依頼をご希望の方は、当HPのお問い合わせからご連絡ください。

この記事にコメントをする

*
*
* (公開されません)