合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

8月6日(日)1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(論述対策編・大阪開催)の様子

約3分

8/6(日)午前に、大阪・天満橋にて、
「1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 -論述対策編-」を開催いたしました。

今回は必須問題を取り上げ、自分が相談者(クライアント)を、どうまたてるのか、自分がその相談場面にいた場合にどう対応するかを検討しました。
継続して1級講座に来られている方ばかりでしたので、とても深い学びになったという感想をたくさんいただきました。
講師の視点から見ていると、自分個人がどう思うかではなく「キャリアコンサルタントとして、この事例相談者はの対応はどうなのか」という視点で学び合いができたことが、学びの質の高さにつながったと感じています。

1級技能検定の論述問題は、必須問題と選択問題でその構造が異なりますが、いずれの問題でも「事例相談者のCCとしての成長」を意識して書いていくことが大切です。特に必須問題は、「自分が事例相談者に代わって対応するなら」という問いですので、ついつい事例相談者の対応のまずさをベースに回答してしまいがちです。しかし、指導者としてのあるべき姿を考えるならば、指摘ではなく成長につながる回答をしていきたい、そんな話をさせていただきました。

それでは、いただいた受講者の声を一部ご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 必須問題の構造がよくわかりました。選択問題との違いや、何を問われているのか書き方など(特に問3)、シェアした皆さんの回答を参考に練習していきたいと思います。
  • 必須問題を活用して問題を解いてみることにより、具体的な解答方法について知識を深めることができた。他の方の解答を見て、様々な考え方についての気付きを得ることができた
  • 皆さんのいろんな捉え方を伺えたことも参考になりました
  • 今日もレベルの高いメンバーで、参考になりました。もっと表現(のしかた)について練習してみたいです

今回も、アンケートにご協力いただき、ありがとうございます。

わたしたちの提供する「論述対策」は、講座1コマ(2.5時間)で1問だけを使用して、その1問をじっくりと研究し、ケースを通じたキャリアコンサルタントの個性・癖を把握することで「指導者視点・育成視点」を学んでいただけます。
今後も、必須・選択問題から1問ずつをピックアップして、1級に求められる指導者視点・育成視点を身に着けていただけるよう、創意工夫をして講座を運営して参ります。

今後の開催日程・参加申込は、下記のボタンをクリックしてご確認・お申込みください。
外部の予約専門ページにつながります。
RESERVA予約システムから予約する

(当日の様子)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。

この記事にコメントをする

*
*
* (公開されません)