合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

10月15日(日)1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・大阪開催)の様子

約3分

10/15(日)に、大阪・天満橋にて「1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 -面接指導編-」を開催いたしました。

今日は午前・午後の2コマ開催でしたが、午前が1名様の個別指導、午後はグループでお申込みいただいた方々の定期指導となりました。先月は台風直撃で開催できなかったので、久しぶりのロールプレイをみなさん楽しんでくださいましたね。

今回大きなテーマになったのは、事例相談者の抵抗についてでした。
2回のロールプレイを行なう中で、抵抗が起きてしまいそうだから踏み込めない自分との向き合い方だったり、指導者の話す内容は筋が通っていて何も間違ってないのになぜか抵抗される場合だったり、実際の試験でも大きな問題点となりそうなシーンでの展開力を問われる、そんなロールプレイになりました。

いずれのケースでも、「私という人間が指導者を務めたとき、事例相談者から私はどう見えていて、どんな反応をするか」についてのディスカッションになりました。非常に示唆に富んだ、闊達な議論がなされていたのが一番印象に残っています。
その後は私から、寄って立つ理論や指導の展開の仕方だけでなく、専門領域、相談経験、性格・考え方、職歴や所属する組織、さらには年齢・性別に至るまで、属性も含めて私という指導者はどう見えているのか、広義の自己理解が要るということをお伝えさせていただきました。

それでは、いただいた受講者の声を一部ご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 今回はSV役をしなかったのですが、客観的に観ることができました。個性を生かしたSVができるように準備をしたいです。
  • オブザーバーで見ていると、とてもよく理解できました。いかにロールプレイは”体現”ができるか、かと思います。
  • CCの問題をどのように伝えるか、共有するか、勉強になりました。
  • 今日は午前中にロープレを指導していただいて、アプローチの方法について学びました。ありがとうございました。グループではまだまだ思うようにできませんでした。

今回も、アンケートへのご協力ありがとうございます。いつも来てくださっている方にも、こうして課題への気づきや相互学習の効果を感じていただけたなら、講師として嬉しく思います。課題が見つかった方も、次回はそれを少しでも解消できるように、引き続きサポートをしていきたいと思います。”気付き”があれば、それはもう次回への”成長の芽”のはずですよ。

昨日の投稿でもお伝えしたとおり、1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座は、今後も大阪を中心に毎月開催をしてまいります。10月から1月まで、開催数を増やして、できるだけ学べる機会が多くなるように設定しております。初めての方も大歓迎ですので、どうぞお気軽にお越しください。

今後の開催日程・参加申込は、こちらをクリックして、講座・イベントカレンダーをご覧ください。

(当日の様子)

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。

この記事にコメントをする

*
*
* (公開されません)