合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

11月26日(日)1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(論述対策編・京都開催)の様子

約3分

11/26(日)午前に、京都・二条にて「1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 -論述指導編-」を開催いたしました。

今回は久々の京都開催ということで、いつもと違った雰囲気でしたね。体調不良のため欠席された方がいらっしゃったため、結果的には1対1というかたちになりましたが、その分個人の抱える課題点によりフォーカスした指導ができたことは良かったなと感じています。

特に、1級と2級のフレームワークの違いを図示したことや、論述の回答内容ひとつひとつをそのフレームワークに落とし込みながら解説したことで、「その文章は関係構築の話なのか問題把握の話なのか、また主語は誰で、誰に対してのアプローチなのか」などの話を深めることができました。
回答の意図や狙いが可視化されたおかげで、自分にどの視点が足りないのか明確になり、表情がみるみる変わって明るくなっていった場面が一番印象に残っています。
「これまで手探りだったのが、光が差してきた」との言葉もいただくことができました。あの気づきの大きさは、ぜひ他の1級チャレンジャーの方にも経験して欲しいですね。

それでは、本日の受講者の声をご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • キャリアは環境によって作られていることを改めて理解しました。1級・2級に分けて「キャリアコンサルタントのフレーム」を使って論述の回答を分析する方法は、抜けている視点が明確になり、面接の際にも使えると感じました。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。
論述対策が面接でも応用できるとなると、これからの試験に向けての自信にも繋がりますよね。常日頃からお伝えしていた、論述と面接は根本的には同じ。ライブでやるか、文字で書くかの差だけということも、ご理解いただけたかなと思っています。もう一度、最後の仕上げで受講されたいとのことでしたので、次回お会いした時の成長ぶりを楽しみにしています。

さて、論述試験はもう目前に迫っていますが、みなさん準備のほどはいかがでしょうか?面接指導編は大人気ですでに満席となっていますが、論述対策編はまだ多少の空きがございます。最後の仕上げ・総点検にぜひご活用ください。

今後の開催日程・参加申込は、こちらをクリックして、講座・イベントカレンダーをご覧ください。

(当日の様子)
※参加された方のご希望により、お顔の映らない写真となっております。

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。