合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

1月21日(日)1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・大阪開催)の様子

約4分

1/21(日)に、大阪・心斎橋にて「1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 -面接指導編-」を開催いたしました。

この日は午前午後の2コマ開催いたしましたが、ここではまとめてご紹介いたします。2コマ合わせて8名の受講の方にお越しになられて、みなさま指導者役と事例相談者役の両方を経験していただきました。両方の経験をすることで、他者のケースの客観的な観察と、ご自身の経験・主観的な判断の両方から気づきを得ることができたようです。

午前は3名でしたので、特にお一人ずつのフィードバックに時間を割くことに配慮いたしました。今回は、SVとCCの関係構築を重点的にお伝えしましたね。問題に気づいても果たして受け取れるのかどうか、受け取れるだけの関係を築けたのか、本番でもぜひ注意深く進めて欲しいなと思います。

午後は定員超えの5名の方にお越しいただきました。ケース分析を事前にしたところ、たくさんの質問をいただいて、ロールプレイ前から白熱していたことが印象的でした。また、その事前のケース分析が見立てでも役に立つということを掴んでいただけたようです。ケース分析で作成した図やグラフをロールプレイでも用いてみるチャレンジは、うまく機能したこともあって、非常に良い発見になりましたね。本番でも、試してみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

それでは、いただいた受講者の声をご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • ロールプレイを通して事例に向き合った体感が今後の自分の経験に非常に役に立つと思いました。関係構築の重要性を再認識しました。初めてお会いした方とのロープレも新鮮で、新たな広がりを感じることができました。一緒に参加された方、先生、大変ありがとうございました。
  • 今日は丁寧に関係構築をするように心掛けました。具体的展開まで行けなくて、時間の使い方・切り込み方(変な表現ですみません)に課題があると感じました。フィードバックしていただいたことを参考に本番では頑張りたいです。
  • 八阪さんの講座は、今回がとりあえず最後になります(また来年度お世話になると思いますが)。学んだことを整理して、2/12の試験に臨みたいと思います。
  • ロープレを通じて、頭では理解していることができていないこと、難しいことに気付けた。また、講師より個々のフィードバックを受けることができ、充実した内容でした。ありがとうございました。
  • 各ケースが行き詰まる過程で何が起こっているのか、が具体的に知ることができて良かったです。私もCLやCCが発した言葉に惑わされてしまうことが多いので、「言わんとしていること」を把握できるよう、本番まで準備したいと思います。
  • 講師が的確に解説をしていただいて、多くのことに気づきました。特に面談と口頭(試問)が一体として評価されると聞き、両項目でSVとしての力を発揮したいと思いました。ありがとうございます。
  • 自分自身の足りなさを痛感し、それを気付かせていただけるので、非常に良いと思います。本当にありがとうございます。
  • 本試験のケースを用いて、皆さんと一緒にケース分析ができたことが良かったです。一人で考えるには限界があるので、とても役に立ちました。ロープレ後に皆さんからいただくフィードバックは、自分では思いつかない言葉もあり、すごく役立ちました。

いつもアンケートへのご協力ありがとうございます。
こんなにも熱心にメッセージをくださると、読んでいて本当に心が動かされますね。1月は本当にすぐに満席になったのですが、その期待の高さに応えることができたことが、一番嬉しいことです。試験直前ですので、本番に向けて少しでも役に立つ気付き、「これならできるかも」という自信につながる学びが提供できるよう、皆さん同様に気を引き締めて、指導に臨みたいと思います。

今後の開催日程ですが、おかげさまで1月の面接対策講座は大変多くの方に参加希望をいただき、満席の状態になっております。キャンセル待ちについては、予約システムの関係上表示できませんが、当HPのお問合せフォームからご連絡いただければ、順次対応をさせていただきます。

今後の開催日程・参加申込は、こちらをクリックして、講座・イベントカレンダーをご覧ください。
キャンセル待ちの連絡をする方は、こちらをクリックして、入力フォームに必要事項を入力・送信してください。

(当日の様子)

 

 

 

 

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。