合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

8月11日(土)1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(論述対策編・大阪開催)の様子

約3分

8/11(土)の午後に、大阪・心斎橋にて
「1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 論述対策編」を開催いたしました。

今回は3名の方にお越しいただきましたが、みなさま弊社の講座には初参加でいらっしゃいました。私も「初参加の方ばかりかぁ。今日は特に頑張らないと!」と、会場に向かう時にちょっと緊張していたのを覚えています。
しかも、みなさま遠方から新幹線でわざわざ大阪まで来てくださったとのことでした(愛知県と福岡県)。この猛暑のさなかに、弊社の講座を受けるためにそこまでしていただいて、本当にありがとうございます。9月からは1級対策講座の地方開催も広げていきますので、ぜひそちらにもお越しくださいね。

実際に講座を進めていくと、みなさまとても学ぶ意欲が高くて、次から次へと質問が飛んで来たのが、今日の一番の特徴だったなと思います。活発に意見が出ると、ついつい私も熱が入ってしまいました。
また、今回の講座では今年初めて受験を検討している方がお二人いらっしゃったので、そもそも指導者とは何を求められているか、指導とは何をすることかなど、原則論も盛り込みながら丁寧に進めていきました。そして、その原則を踏まえたうえで、論述問題の過去問題と照合しながら、事例相談者はどこでどう間違ってしまったのかを理解していくことに時間を割きました。

「1級がどんなものか、何もわからない状態だったけど、今日の講座でどんな試験なのか、何を問われているのかは掴めてきた」とのお声もいただけたので、ひとまず良い講座を提供できたかな、と思っています。ありがとうございます。

それでは、今回の受講者の声をご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 一つ一つの疑問に丁寧に答えていただけました。また、基本的な考え方も参考になりました。試験内容を学ぶことで、指導者としてのあり方も学ぶことができたことは、自己の成長に繋がると思います。
  • 事前に教えていただきたいと思っていたことを学ぶことができました。論述で求められていることを整理して、活用していきたいです。福岡県の近くで受講できる機会があると嬉しいです。
  • 評価基準を意識した回答の必要性を痛感しました。面接についても、次回(申し込んでいますので)深く学びたいと思います。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。論述問題だけでなく、キャリコンとしてのあり方に重点を置いてお伝えしたことが、きちんと響いていた様子がわかって、ホッとしました。
講座の帰り道でも少しお話ししましたが、1級は決して「偉い人」というわけではないです。ただ、こうした「本当に守るべき大切なポイント」をきちんと伝えられる、良いキャリコンを育てられる人であって欲しいな、というのが私の願いです。私もそれを続けていきますし、みなさんもぜひ、良いキャリコンを育てられる指導者を目指してくださいね。

1級技能検定対策講座は、先日お伝えしたとおり、8月からは開催コマ数を拡大してご提供しております。また、地方開催やweb開催など、1級チャレンジャーの方が学びやすい「場づくり」も進めてまいります。みなさま、どうぞお気軽にお申込みください。

今後の開催日程・参加申込は、こちらをクリックして、外部の講座・イベント予約サイトからお申込みをしてください。

(当日の様子)

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。