合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

“働くこと”をテーマにした学生と社会人の座談会を開催しました

約4分

8/18(土)午後に、大阪・東淀川にて、
“働くこと”をテーマにゆるりと話す、学生と社会人のプチ座談会と題した、学生と社会人の座談会を開催いたしました。

この企画は弊社代表・八阪が勤める大学に在籍するある学生の「もっといろんな社会人の方と気軽に話し合ってみたい」という声をきっかけに誕生したものです。
以前から、キャリアコンサルタント育成事業を展開する中で「学生の就職相談がとんなものか知りたい」「最近の若者の就職支援やキャリア支援の実態がわからない」「学生の生の声が聞きたい」などのお話も伺っていましたので、そうしたキャリアコンサルタント側のニーズと、先ほど挙げた学生のニーズがうまく引き合う形で今回のイベント実現に至りました。

当日は、リラックスした雰囲気の会場で、学生5:社会人4という少人数形式での座談会とさせていただきました。
話の内容に少し耳を傾けてみると、就職活動の流れ、働くことへの意味付け、応募書類の添削などの具体例、他者から見た自分の印象(学生の疑問)、学生支援の実態(社会人側の疑問)など、実に多様な話題が飛び交っていました。
そんな中でも一番印象的だったのは、学生も社会人も笑顔がたくさん出ていたことです。このページの下部にある写真をご覧いただければ、一目で伝わるかと思います。お互いにリラックスして、ざっくばらんな話ができたようですね。今回のイベントは初の試みでしたが、参加された方が全員「とても満足できた」「満足できた」との回答をしてくださったことも、嬉しいことでした。

特に、今回ご参加いただいた社会人(キャリアコンサルタント)のみなさまは本当に意欲的で、場所を変えての二次会(お茶会)まで急きょ開催することになりました。
二次会では、弊社代表・八阪がキャリアコンサルタントのあるべき姿や、自分の思うように進まない・クライアントが反発してしまう原因との向き合い方などをお伝えいたしました。普段、業務に追われているみなさんにとっては良い振り返りの機会になったようで、大変熱心に聞き入ってくださっていました。
本日は遅くまでお付き合いいただき、本当にありがとうございます。今日お伝えした相談のコツは、ぜひご自身の業務に活かしてくださいね。

それでは、当日参加されたみなさんのアンケート回答内容の一部をご紹介します。

  • 学生との交流を深めたかったことと、八阪さんにお会いしたかったために参加しようと思いました。フランクに触れ合えるイベントで、とても楽しかったです。関係構築についてのレクチャーがとても勉強になったので、自分の業務でも早速意識してみます。(社会人)
  • 業務でなかなか学生の方とお会いする機会がないので、勉強になりました。これからキャリアコンサルタントとして成長をするために、技術的なところや経験、どちらにおいても未熟なので、どちらも学びたいです。傾聴力や就職の知識を知りたいです(社会人)
  • 今回のイベントで私が参加した目的である「他社から見た自分」と「自分が思う自身の印象」との違いがあるとわかりました。今後のESのため、今一度自身を良く知ろうと思う機会になりました。ありがとうございました。また、ぜひ参加したいです。(学生)
  • 自分のことを知らない人から見て、「自分はこういった風に見えているのか」と新しい一面を知れて良かったと思いました。だからこそ今回知れた新しい一面を就職活動に活かせればと思いました。(学生)

みなさま、ご協力いただきましてありがとうございます。
ご紹介したものは一部ですが、アンケートを書く時間が足りないほど話し込んでいる方もいらっしゃったので、ここに挙げた方以外でもに、いい経験・いい学びに繋がったという実感を持ってくださっているのではないでしょうか。またぜひ、みなさまとお会いできるのを楽しみにしております。

今回のイベント・企画のように、わたしたち働く楽しさ研究所では、キャリアコンサルタントの支援の幅の広がり・質の向上につながる企画や、学生の良い気づき・新しい発見になるイベントを随時実施していきたいと考えております。

ご相談・ご依頼は、こちらをクリックして当HPのお問い合わせページからご連絡ください。

(当日の様子)※画像をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。