合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

9月23日(日)1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・神戸開催)の様子

約3分

9/23(日)午後に、神戸・元町にて「1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 面接指導編」を開催いたしました。

2カ月ぶりの神戸開催ですが、外はもうすっかり秋めいてきましたね。前回の神戸開催は真夏の暑さがピークの時期でしたので、駅から出たとたんに、ずいぶんと季節の移り変わりを感じる日曜日でした。
今回はお一人のみの参加と少し寂しかったのですが、その分しっかりとリクエストを伺いながら、1つ1つの質問に丁寧にお答えしていく形で講座を進めさせていただきました。面接指導編の講座にも関わらず、最終的にはロールプレイをしないままに終わるという予想外の展開になりましたが、それよりも、試験の評価項目ひとつひとつを読み解いて自分の言葉に翻訳しながら落とし込む作業や、項目ごとにご自身が感じる課題の打開策を共に考えていく作業をすることで、ご自身の指導力の底上げの方に価値を感じてくださったようです。

また、これまでの弊社の講座で学んだこと(特に指導のフレーム)について、ご自身でも折に触れて確認されていたようで、「標準資格を取得した時からの苦手なところが、ここにきて改めて出てきたように感じる」とおっしゃられていました。
こうして、学んだことを振り返って自分の気づきに活かしてくださると、私もますます指導のやりがいがあるなと感じます。
何とか春には良い結果を掴み取っていただきたいですね。

それでは、今回の受講者の声をご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 今回は私のリクエストにお応えいただき、評価区分の読み解きにかなりの時間を割いていただきました。一人だとなかなかじっくり考えることが出来ませんので、とても良い機会になりました。
    複数回の受検となりますので、原点に立ち返りたいという想いにお答えいただき、感謝しております。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。
今日の講座はマンツーマン指導ならではの例外的なでしたが、今回はむしろそれで良かったかなと思っていましたので、アンケートでも同様の回答をいただくことができてホッとしています。

講座の最中には、私自身が指導場面でも相談現場でも行なう技法もいくつかご紹介させていただきました。
ただ、それが絶対的に正しいというわけではなく、ご自身の中で活用できそうなものをうまくチョイスして、自分なりの指導者像を少しずつ築いていってほしいなと思います。

また次回、神戸講座でお会いできるのを楽しみにしています。
もちろん、この記事を読んでくださっているみなさんも、ぜひお気軽にお越しくださいね。

今後の開催日程・参加申込は、こちらをクリックして、外部の講座・イベント予約サイトからお申込みをしてください。

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。※受講された方の希望により、お顔の映らない写真となります。

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。