合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

10月13日(土)1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(論述対策編・大阪開催)の様子

約4分

10/13(土)の午後に、大阪・梅田にて
「1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 論述対策編」を開催いたしました。

今回は、最初に設定した定員(5名)を大きく超えて、なんと11名の方にご参加いただきました
実は、この日の講座は早い段階で満席になっていましたので、翌月の11月分の論述対策編のご案内を進めておりました。ところが、その11月開催分も大変ありがたいことにお席が埋まってしまい、「論述について学びたい、指導して欲しい」という方がどんどんキャンセル待ち申込みをされる状況になりました。そのため、急きょ定員枠を拡大して対応させていただいた次第です。
こんなにも期待を寄せてくださったことに、本当に嬉しく思います。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

今回は会場も人数も普段と違って、質問の量もいつもの倍近くあって、講師としてもいろんな「初めて」があった、思い出深い一日になりました。3.5時間では収まりきらない部分があり、期待に応えきれなかったことが心残りです。この点は、講師を務めた私自身の課題点ですね。

今日の講座は初めての方、すでに何度か受検経験のある方、過去に弊社の講座に参加されたことのある方、聴きたい質問が決まっている方など、実に多様な状態の方々が一か所に集まって学ぶという形になりました。そこで、できるだけ参加される方の意向に沿いたい、と思い、みなさまの質問に随時答えつつ問題解説を進めていきました。論述問題の枠組みから飛び出して、ロールプレイの進め方やキャリアコンサルタントのあり方など、本当に活発な講座になりました。

その中でも、特に繰り返し重点的にお伝えしたこと。
それは、指導者と事例相談者の関係構築の部分でしたね。

技法や理論にこだわるのも悪くはないのですが、何をおいてもまず「効果的な指導」をしようと思ったら、事例相談者に「この指導者の話なら聞いてみてもいいかなぁ」と思ってもらわないと始まらないですよね。ここをすっ飛ばして、指導という名の指摘ばかりしていると、事例相談者はどんどん委縮してしまいます。例えばそんな事例検討会や勉強会、見聞きしたことありませんか?
今日いらっしゃったみなさんには、上下関係ではなく信頼関係が作れるよう、関係構築をしっかりと意識して、手厚く実施して欲しいなと思っています。

それでは、今回の受講者の声をご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 論述解答のポイントを具体的に教えていただき、大変勉強になりました。今まで自分自身がつかめていなかったことに気付かせていただきました
  • リーズナブルで、先生の話の内容が理解しやすいです。ポイントを得た話し方であったので良かったです。次回はぜひ、地元で開催して欲しいです。
  • スーパービジョンのフレームがとても良かったです!!もっと時間があれば良かったです。
  • 論述のフレームワークが理解できると、余計なことを考えずに解答できるようになるのでありがたいです。また実際の相談・助言でも場当たり的な対応がなくなるので、とても役立っています
  • 一発合格をしたい、と思ってこの講座に参加しました。1級が初めてでしたので視点が明確になりとても良かったです。
  • もう少しゆっくり話を聴きたかった気がします。時間が…

アンケートへのご協力、ありがとうございます。
実際には、もっとたくさんのアンケート回答を寄せてくださっていますが、人数が多かったこともあり、ここでは一部のみとさせていただきました。

講座での様子を拝見していて私自身も気になっていましたが、やはり11名の方をお相手するとなると、もう少しお時間をお取りすべきだったなと反省しております。1時間の延長ではとても収まり切らなかったですね。

一方でアンケートには書かれていませんでしたが、「1級と2級で似通っている設問があること」「設問に効果的に回答するための技法があること」「指導の意味が一般的にイメージされるものとは違うこと」など、講座の中で気付きがあった場面も、何度も見られました。
こうした気付きを積み重ねることで、少しでも1級合格に向けた自信につながってくれれば嬉しいです。私も、そんな気付きを得られる場の提供に、これからも努めてまいります。

1級技能検定対策講座は、試験申込期間終了を境目に受講希望者が急増しています。
特に関西エリアでの開催スケジュールは、文字通り、毎日申込みが増えていっているという状況です。
講座の受講をお考えの方は、ぜひお早めにお申込みください。

今後の開催日程・参加申込は、こちらをクリックして、外部の講座・イベント予約サイトからお申込みをしてください。

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。