合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

12月9日(日)1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(論述対策編・大阪開催)の様子

約3分

12/9(日)の午前に、大阪・心斎橋にて
「1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 論述対策編」を開催いたしました。

今日は1級試験直前の日曜日に開催した論述対策編でしたので、今年度の論述対策編講座は今回が最後となります。
この最後の締めくくりの講座にいらしてくださったのは2名の方で、うち1名さまは、石川県からお越しくださいました。遠方はるばる、本当にありがとうございました。

今回は人数も少なかったこともあり、2.5時間をじっくりと使って、それぞれの質問や課題点を拾い上げながら丁寧にお応えすることができたかな、と思っています。
特に、集合形式になると難しい「個別の書き方」へのフィードバックがしっかりできた点は、アンケートを見ても満足度UPにつながったことがわかって、開催した甲斐があったなと感じました。

講座の内容に関して、今日特に話題になったのは2時間という試験時間の使い方でしたね。
文章を何度も読み直すことへの焦り、一方で事例をきちんと読まないと理解できなくなることへの不安感など、試験直前ならではのリアルな悩みをお伺いいたしました。その対策として、回答用紙の使い方・回答のしかたなど、テクニック的な部分も多めにしてお伝えさせていただきました。
特に今回は試験直前でしたので、概念的な部分の振り返りはほどほどにして、できるだけすぐに使えそうなことを優先して学んでいただいたので、ぜひ来週の本番で活用してください!

それでは、今回の受講者の声をご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • SVとしての自覚(使命感)ができるようになりたい、自分が成長したいために参加しました。内容が充実していて、短時間でも自分の弱点に絞って学べたことは本当に良かったです。
    論述の作成にかなりの時間を要する割には内容が浅かったため、それがクリアできそうで、事例を俯瞰的に見れるようになりました。モヤモヤがスッキリしました。
    (石川県から)来てよかったです。
  • 本番の試験に沿った実践的な解答方法を掴むことができました。
    事例から、問題点ややるべきことは何となく頭に浮かぶものの、簡潔に記述する方法や時間配分が分からずにいたので大変参考になりました
    あと1週間、本番に向けての課題が見つかったので、大変ありがたかったです。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。

今日の講座で学んだことが、受検前の安心感や手応えに繋がっている様子がわかって、率直に嬉しいですね。参加者の方が少しでも足取り軽く帰っていただけることが、講師としての成果の1つですので、今日の様子を見る限りは非常にうまくいったかなと思っています。また次回お会いした時には、論述の手応えとともに感想をお伺いさせてください。

さて、冒頭にお伝えしたとおり、1級技能検定対策講座の論述対策編は、今年度は終了となります。
これまでご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。来週の試験がうまくいくことを祈っております。

また、面接指導編も関西エリアを中心に順次開催してまいります。初めての方も、常連の方も、できるだけ学ぶ機会を多くとっていただき、合格に一歩でも近づいてほしいと思っています。
お席には限りがございますので、ご興味のある方はお早めにお申込みください。

今後の開催日程・参加申込は、こちらをクリックして、外部の講座・イベント予約サイトからお申込みをしてください。

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。