合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

12月22日(土)1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・大阪開催)の様子

約4分

12/22(土)午後に、大阪・心斎橋にて、「1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 面接指導編」を開催いたしました。

論述試験が終わって初めての講座でしたが、やはり面接試験が一番みなさん気になるんですね。今回も満席で、見学用チケットも売り切れの盛況でした。しかも名古屋や三重、岡山など遠方から新幹線や近鉄特急でお越しくださる方もいらして、今まで以上に期待の大きさを実感した日でした。

今回はまずロールプレイから実施していただき、フィードバックや振り返りなどの場面で指導者役の手応え、事例相談者役の受け止め方、講師から見た受容や介入のポイントと理由などをお伝えしていきました。
これまでの面接指導編では、割とレクチャーを多く入れることがありましたが、そろそろ本番が近づいてきたこともあり、より実践的な内容になるよう配慮して進めさせていただきました。

今日のキーワードは、指導者自身が今自分が何をしているのか、関係構築なのか問題把握なのか具体的展開なのか、「客観視すること」でしたね。そしてもう一つは、「その関わりに効果があるのか」という視点でした。

これは、指導者-事例相談者間でも、事例相談者-相談者間でも、どちらでも使えるというお話もいたしました。
1級試験の難しいところでもあるのですが、何となく・感覚的に関わっているとどうしてもうまくいかなくなるのは、この2点があるからですね。ロールプレイをやっているだけではどうしても身につきにくい、ちょっと引いた視点での見方は、他者のロールプレイを見学していると一番良くわかります。
自分自身のロールプレイだけでなく、他者のロールプレイ見学こそ、自分を成長させてくれるものとして捉えて、学びの効果を高めていきましょうね。

それでは、今回の受講者の声をご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 事例指導とは何かという本質に触れた気がします。まだまだですが…。今日の事例を”きっかけ”にして、CCの成長につながる点を見つけることだと気付きました。事例に引きずられることが多いため、それが大きな発見でした!!今日は見学でしたが、とても勉強になりました。ありがとうございました。
  • 本日も非常に勉強になりました。特に不足している基本的態度・関係構築をしっかり学べて良かったです
  • ケースからいかに離れるか、CCに焦点を当てて面談を進められるかが今回学んだ点です。関係構築を図るポイントも振り返りで良く分かりました。
  • 1級は大変だと思いました。ありがとうございました。
  • モデリングでロールプレイを観れたので、より良くわかりました。また、先生の視点も自分では気づかない部分が多々あり、勉強になりました。今日は「掘り下げ」ができていないという教訓です。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。

1級(指導)のロールプレイに慣れてる方は、ご自身の課題に対するチャレンジの場として、初めて1級のロールプレイを見られた方にとっては、目指す姿の理解・確認の場として、それぞれに掴み取れるところがあったのかなと思っています。初めての方には、良くも悪くも大きなインパクトがあったようですが、何事もいきなり上手にできる人はいませんので、千里の道も一歩からの気持ちで臨んでいただけると嬉しいです。

さて、年末を迎えまして、いよいよ面接試験の日程も近づいてきました。弊社では、1月はほぼ全ての土日で、面接試験対策の講座を実施しています。

参加希望の方がたくさんいらっしゃるので、一部の日程は満席になっていますが、まだ残席のある日もございます。
また、開催日ごとに見学用チケットもご用意しています。先程お伝えしたとおり、他者のロールプレイやフィードバックを見聞きすることも非常に良い勉強になりますので、準備不足を感じておられる方や、ロールプレイをする自信はないけれど学んでみたい方には特にオススメしております。

チケット枚数は各回原則1枚ですので、ご希望の方はどうぞお早めにお申し込みください。

今後の開催日程・参加申込は、こちらをクリックして、外部の講座・イベント予約サイトからお申込みをしてください。

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。