合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

1月13日(日)1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・大阪開催)の様子

約5分

1/13(日)午前・午後に、大阪・心斎橋にて、
「1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 面接指導編」を開催いたしました。

この日も先週に続いてのダブルヘッダー開催となりました。午前も午後も、みなさん本当に熱心に学んでいらっしゃっいましたね。初めての方はお伝えしたことをゆっくり噛みしめておられましたし、リピーターの方はロールプレイで自分なりに試してみた方法の出来栄えを確認するようにたくさん質問をされていました。そういうお姿を見ると、自分ももうひと踏ん張りして、みなさんの期待に応えたいなと実感します。

試験本番が近づいていることもあり、今回もまずは受講者ロールプレイを行ない、その後に講師からフィードバックを得て学ぶ、というスタンスで進めていきました。
ただ、午後の開催分に関しては、受講者のみなさまからのリクエストをいただいて講師の私自身が指導ロールプレイの見本をお見せする、ということも行ないました。普段は講師という立場ですので、ちょっと緊張をしたところもありましたが、ロールプレイ中も「1つでもヒントを持ち帰ろう」という姿勢が視界の端から見えていて、これだけ一所懸命学んでくださるなら、やはりお見せしてよかったなと思いました。ありがとうございます。

午前も午後も共通してお伝えしていたことは、事例相談者に焦点を当てることでしたね。そのためには、時に事例の内容そのものはこだわらない、説明は細かく聞き取らない、という大胆なこともお伝えしました。
1級の試験は、事例の内容を又聞きで把握しながら、事例相談者の課題点を見つけ出し、事例相談者の努力や工夫をねぎらい、事例相談者・相談者それぞれがどう感じて/捉えているかを理解し…と、本当にやるべきことが多いですよね。
だからこそ、肝心なことだけは逃さないよう、事例ではなく事例相談者(の意図)に焦点を当てて聴いていただけると、指導プランも立てやすいのではないかな、と考えています。もちろん、これが唯一絶対の手法ではなく、私なりのやり方ですので、取り入れられそうな部分をエッセンスとして取り入れてくだされば十分です。良かったら今日学ばれたみなさんも、試してみてくださいね。

それでは、今回の受講者の声をご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 具体的に説明いただき、頭の中が少しずつ整理できてきました。まだまだ気づけていない部分等、とても参考になりました。
  • 今回2回目の受講でしたが、他の受講生のロールプレイを拝見することができ、第三者の目で事例を見ることで、新たな気付きを得ることができました。自分のロールプレイは途中で行き詰まり、Give-upしてしまいましたが、どこでどうすればよかったのかを丁寧に解説していただき、一歩前進することができたのではないかと思っています。
    大分から大阪まで出てきた甲斐がありました!ありがとうございました1級を目指しておられる方は、絶対受講なさったほうが良いです!
  • 見学で参加させていただきましたが、リアルタイムで面談がどう進んでいるか、着眼点、SVから見た課題、CCの課題がホワイトボードに可視化されていくので、整理しながら理解することができました。
    八阪さんのロールプレイ、口頭試問も見学できて、望ましい進め方の1つがイメージできました。ありがとうございます。
  • 毎回ロールプレイをさせていただくたびに、先生の素晴らしいアドバイスをお聞きし、気づきがあるとともに、キャリアコンサルティングの奥の深さと先生の偉大さを感じております。(これからも)わずかな一歩を目指してまいります。
  • 今日の気づきは、問題把握の中で流れを外さないように意識することと、意味(意図)のある質問をすることです。
  • こちらの講座に参加するのは初めてでしたが、見学という参加方法に魅力を感じて参加しました。少人数、短時間で学べて、八阪さんのお人柄がとても自然でクセがないので、話がストンと入ってきました。具体的なSVの進め方を参考にしたいと思いました。
    よくある勉強会は、受講者が各グループでロールプレイをして、あれこれ話し合ったりしますが、今回は1回ずつ八阪さんが分析してアドバイスをしてくださったので、学びが深いと思いました。
  • 体調面のトラブルがあり、ロールプレイができませんでしたが、代わりに八阪さんのロールプレイを見せていただきました。
    ともすると事例の話をしてしまいますが、どこで一般化できるのか、(CCの話に)付き合うのかロールプレイで見極めるのができません。上手くできている方のロールプレイをもう一度聞かせてもらって、まねしたり、やってみたり、試している段階です。
  • 個別対応に時間を取ってくれて、どうしてこのような展開になったかについて、時系列でご説明いただきわかりやすかったです。
    わかっている点・わかっていない点を含め、実技の中で実施できるようになることが課題ですが、自分がイメージしたように実践するのは難しいなと感じます。

 

アンケートへのご協力、ありがとうございます。

今回は2コマ分をまとめてご紹介していますので、本当にボリュームたっぷりのアンケート結果になりました。わずかな時間で、みなさま本当に一所懸命たくさんのコメントをくださって、ありがとうございます。
特に、ロールプレイ終了後ではなく、ロールプレイ中にどんどん見立てのポイントを書いていく”実況”スタイルでの指導は好評のようですので、これからも続けていきたいと思います。

今後の講座開催スケジュールにつきまして、弊社では2月中旬まで毎週末、1級面接指導編講座の開催を予定しております。ありがたいことに多くの方から参加お申し込みをいただいておりまして、現時点ではすべての日程でキャンセル待ちの状態になっております。
参加をご希望の方は、恐れ入りますが「キャンセル待ち登録」をしていただきますよう、お願い申し上げます。キャンセルが発生次第、キャンセル待ち登録をされた順に自動的に繰り上げ参加のメールが届きますので、今しばらくお待ちいただきますよう、よろしくお願いいたします。

今後の開催日程・参加申込は、こちらをクリックして、外部の講座・イベント予約サイトからお申込みをしてください。

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。