合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

1月19日(土)1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・大阪開催)の様子

約5分

1/19(土)午後に、大阪・心斎橋にて、「1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 面接指導編」を開催いたしました。

今日は土曜日の午後ということもあって、愛知・石川・岡山・徳島と、午前中に移動して遠方から来てくださった方がたくさんおられました。みなさん、本当に貴重な時間を割いて、手間暇かけてお越しくださって、ありがとうございます。
あっと言う間に席が埋まってしまったようで、みなさん「もう満席なんですね」と繰り返されてたのが印象に残っています。もっと学びたい、まだまだやらないと、という意欲の表れだと思っていますので、その分、1回1回の指導の大切さを意識しながら、大事にして欲しいポイントを何度も繰り返しお伝えする形で、今日の講座を進めさせていただきました。

今日はいくつも要点をお伝えしましたが、みなさんの様子を見ていて一番反応があったのは、なぜそこで問題共有をしたのか、なぜそんな提案をしようと思ったのか、なぜそこで丁寧に事例相談者を受容するのか…。
つまり、事例相談者側の意図や狙いを考えることでしたね。この話は、合計4回のロールプレイで、共通してお話させていただきました。そしてもう一つは、「その関わりに効果があるのか」という視点でした。

指導というと、ついつい指導者側が自分の持つ知識や情報を提供することに意識が向いてしまいがちです。
「この人にこれを覚えてもらおう」「この足りない点を変えてもらおう」など、気になってしまいますよね。そうすると事例相談者との関係構築がなおざりになります。では、そんな指導者の様子、あるいは指導者の内心を、事例相談者がどんな目で見つめてどう感じ取っているか、一度立ち返ってみてください。

講座の中でもお話しさせていただきましたが、どんなに素晴らしい知識や情報でも、事例相談者が受け取ろうと思わない限り、それは指導効果がない、ということです。今日の講座でも、ロールプレイ中にホワイトボードにケースを書き取りながら、ところどころで講師の私から見た疑問点を提示していましたよね。「ロールプレイよりも、見学のほうがお得かも」という声もいただきましたとおり、まさにあの時のあのメモの視点を持って指導に臨んでいただければ、良い結果が自ずと近づいてくるはずです。残り一か月、ぜひ頑張ってくださいね。

それでは、今回の受講者の声をご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 1人1人のロールプレイの気づいた点などをホワイトボードに書いてくれたので、タイムリーなやりとりの中で、良い点や、何かを投げかけるタイミングを掴むことができた
    ロールプレイの流れもホワイトボードで客観的に捉えることができたことも良かった。
  • 関係構築の深め方について学んだ。具体的展開や方策の展開の仕方も学びたい。
  • やはり、先生のホワイトボードの”実況”と面談の流れを見ながらだと、スーパービジョンで起こっていることが見えてわかりやすいです。
  • 領域ごとのキャリアコンサルタントあるある(困りがちなこと)を念頭に入れながら、事例相談者の主訴を捉える必要もあると感じました。相談者の主訴・問題点が指導者も見えなくなると、迷走してしまいそうに感じました。
  • ひたすら事例相談者の感情・思い・考えについていこうと努力したら、事例相談者から紙面に書いている以外の情報を話してくれる経験ができました。
  • 今日は見学でしたが、皆さんの様々な見立てを拝見できました。あらためて、スーパービジョンの難しさを感じました。
    明日は実際にロールプレイを体験したいと思います‼よろしくお願いします。
    自分はスーパーバイザーとしてどんな状態であるのかも理解して面談(指導)できるようになりたいです。
  • こちらが聴きたいことではなく、「そう」と言ってもらえることを聴く。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。

特にホワイトボードにどんどんケースを書き進めていくスタイルが好評をいただいておりますが、実はあれは、私の頭の中をそのまま書き取っているものです。だからといって、決して私が凄い、ということではないですよ。
それよりも、いかにケースに入り込みすぎずに一歩引いた目で見ているか、それでいて事例相談者に寄り添って共感・承認しているか、その距離感に気づいていただければと思っています。
私も同じである必要は全く無いですが、拾えそうなヒント・試せそうな技術として、ご自身にも取り入れてみようと感じてもらえれば嬉しいです。

今後の講座開催スケジュールにつきまして、弊社では2月中旬まで毎週末、1級面接指導編講座の開催を予定しております。
ありがたいことに多くの方から参加お申し込みをいただいておりまして、現時点ではすべての日程でキャンセル待ち、もしくは見学チケットのみ受付中の状態になっております。

参加をご希望の方は、恐れ入りますが「キャンセル待ち登録」をしていただくか、見学用チケットのお申し込みをしていただきますよう、お願い申し上げます。なお、キャンセル待ち登録をされた方には、
キャンセルが発生次第、登録をされた順に自動的に繰り上げ参加のメールが届きますので、定期的にメールのご確認をよろしくお願いいたします。

今後の開催日程・参加申込は、こちらをクリックして、外部の講座・イベント予約サイトからお申込みをしてください。

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。