合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

1月26日(土)1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・神戸開催)の様子

約4分

1/26(土)午後に、神戸・元町にて、「1級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 面接指導編」を開催いたしました。

2019年初めての神戸開催講座は、みなさまに早くからお申し込みをいただいたおかげで、定員の4名で実施することができました。ありがとうございます。神戸開催は夏頃から地道に続けていましたが、今回ついに定員を満たすことができて、ホッと一安心しています。
とはいえ、まだまだ困っている方もいらっしゃるはずですので、そうした方にもきちんとアプローチしていけるよう、これからはプログラムだけでなく告知宣伝のしかたも工夫していきたいです。

講座の内容としては、過去に参加されたことがある方ばかりでしたので、ロールプレイを全員に経験していただいて、その中で浮かび上がる疑問・質問に回答する形をとりました。
それにしても、今日は和気あいあいとする場面が多く、終始明るく賑やかな講座でした。心掛けたいことを標語のように言い合う姿は、まるで高校の部活のようでしたね。難しい試験ということもあって、なかなか明るく楽しくとはいかないことが多いのですが、こういう雰囲気にしてくださるのはありがたいなと思っています。

肝心の講座の中身ですが、今日話題になったことは問題把握から共有、具体的展開までの流れでした。

ここで悩む方は本当に多くて、一番迷うところ、一番難しいところかもしれませんね。事例相談1つ1つ、毎回生き物のように形が変わるものですので、これという決まった答えがあるわけではないのですが、私が考える一つのヒントとしては事例相談に来る目的に触れていくことでしょうか。
原則として、事例相談者は「もう少し上手になりたい」という想いを持って事例指導を受けに来ています。事例相談者が語る「ああしたい」「これが良かったのか」の細部を拾うのも決して悪くないですが、元々の目的をしっかりSV側から言語化してあげてください。そして、その元々の目的を達成するためには、こんな考え方・こんな方法”も”あるよと、そっと添えてあげるように関わってみてはいかがでしょうか。今日来られたみなさま全員に、良いヒントになれば幸いです。

それでは、今回の受講者の声をご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • まだまだ自分自身が気づいていないことをわかりやすく説明いただきました。意図的質問ができ、面談を終了できるよう、再度復習して身に着けていけるよう努めます。
  • 自分のクセについてあらためて感じるとともに、自分のクセをカバーする方法(SVからCCへの質問の意図、面談の進め方の説明)があることを学習できました。
  • お仲間の言葉、先生の言葉、いずれもすべての気づきにつながり、勉強させていただきました。まだまだです。
  • 今回のロールプレイでは、口頭試問までできる自信がありませんでしたが、振り返りで一緒に回答を考えていただいて、本当に助かりました。口頭試問の観点で振り返ることで、自身のロールプレイをより客観的に捉えることができました。ありがとうございます。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。

何度かお越しいただいている方ばかりでしたので、もともとご自身の課題点をお持ちでしたよね。アンケートを拝読して、それにしっかりとお応えできたことがわかって良かったなと思います。
あと3週間しかない、という声がある一方で、まだ3週間ありますよという「捉え方の転換」の話も出ていましたが、ぜひ後者の気持ちで残りの時間を過ごしてください。

今後の講座開催スケジュールにつきまして、弊社では2月中旬まで毎週末、1級面接指導編講座の開催を予定しております。
ありがたいことに多くの方から参加お申し込みをいただいておりまして、現時点ではすべての日程でキャンセル待ちの状態になっております。

参加をご希望の方は、恐れ入りますが「キャンセル待ち登録」をしていただきますよう、お願い申し上げます
キャンセルが発生次第、キャンセル待ち登録をされた順に自動的に繰り上げ参加のメールが届きますので、今しばらくお待ちいただきますよう、よろしくお願いいたします。

今後の開催日程・参加申込は、こちらをクリックして、外部の講座・イベント予約サイトからお申込みをしてください。

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。受講された方のご希望により、お姿の写っていない写真のみとなります。

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。