合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

4月14日(日)国家資格キャリアコンサルタント更新講習(京都開催)の様子

約5分

4/14(日)に、京都・丸太町にて、
「国家資格キャリアコンサルタント更新講習」
~ 相談者を取り巻く環境への理解を事例とディスカッションを通じて深める ~
を開催いたしました。

今年度初となる更新講習でしたので、どんな講習になるか、受講生の方がどのくらい有意義な学びだと感じてくださるか、ワクワク・ドキドキしながらお話しさせていただきました。
今回ご参加のみなさまは、偶然ですが全員が需給調整機関で活躍される方たちで、グループディスカッションの場面でも、「こんな環境の相談者っているよね」「私たちの職場だからこそ、相談者の周りにこんな人たちがいるケースがあって…」など、お互いの職場で抱える問題点を共有しながら、うんうんとそれぞれの話に深くうなずく様子が印象的でした。

講習当日は、まず初めに練習として講師を務めた私・八阪が、相談者を取り巻く環境を簡単に解説いたしました。
そして、需給調整に限らず幅広い領域で活用できる相談者の環境を整理するためオリジナルシートをお配りし、そのシートを用いて相談者の周りにはどんな人たちがいるか、それを知ることで相談者へのアプローチがどう変わるのかを学んでいただきました。

次に、ご自身が今働いている職場の相談者・利用者をピックアップして、同様のシートで2度目の練習を行ないました。こうすることで、講師の事例を聞いてただインプットするだけで終わらせるのではなく、日頃の相談業務で実際に向き合う相談者理解にどう活用すればいいか、そのヒントをつかみ取っていただきました

そして最後に、この講座のメインであるグループ討論では、ある女性相談者を事例として取り上げ、その女性相談者を取り巻く環境を参考にしながら、
「その環境にいる相談者が”キャリアチェンジについて悩んでいる”と言い出したが、それはどういう意味なのか」
「相談者の周囲の環境のうち、誰から・どこからの刺激によって、そんな発言をしているのか」
「その発言の真意は何なのか、本当に訴えたいこと・わかって欲しいことは何か」
など、実践的な内容で話し合っていただきました。

ディスカッションの途中で、何度か私からフォローをさせていただきましたが、その時のポイントとして、「確かなことは聴いてみないとわからないけど、聴かなくても相談者を取り巻く環境を考えて、想像して理解してあげることはできる」とお伝えしましたね。わからないから場当たりで対応するのではなく、わからないからこそ、頭を使い、気を遣い、相談者理解を深めることをあきらめないでほしいと思います。職場に戻られてからも、ぜひこの姿勢は大切にしてください。

それでは、実際に今回の更新講習を受講された方の感想の一部を、みなさまにもご紹介したいと思います。
みなさま本当に一所懸命に書いてくださいました。ありがとうございます。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • シンプルにまとめられていて、テキストが端的でわかりやすかった
    どんな言葉で信頼関係を築く働きかけをすればよいか、具体例がイメージしやすかった。
    直筆アンケートを見る
  • 相談者の環境を踏まえた(うえで)相談者の発言を考えることで、相談者へのアプローチのしかたが違うことが再認識できた
  • 「環境」ひとつでさまざまなことを考えさせていただきました。
    その人の環境を考えることで、相談の幅が広がると思いました
  • 更新講習は受講しなくてはと思っていたところ、八阪先生が更新講習をされるとご連絡をいただき、ぜひ受講させていただきたいと思って参加しました。
    自身に足りない「立体的に把握する」やクライアントの話だけに引きずられない―ということがどういうことかなのかがよくわかりました
    2手・3手先を考えて読むには訓練が必要だと思いますが、早速明日の業務から行ってみます
    直筆アンケートを見る
  • (地元の)京都開催であることと、信用できる講師であるため参加しようと思いました。
    ピンポイントで学習できて満足しています
    直筆アンケートを見る
  • 環境がわかれば、相談者に対してのアプローチのしかたが変わることを再認識しました。
    実際に(講習で配布された)ワークシートを使用して面談をしたいです。
    直筆アンケートを見る

アンケートへのご協力、ありがとうございます。

弊社としても私としても、この日が初めての更新講習でしたので、こんなにたくさんの温かいお言葉をいただけてホッと安心しています。あらためて、ここで御礼申し上げます。ありがとうございました。

最後になりますが、弊社の更新講習は、「短時間で手軽に学べる」「地方開催が多くアクセスしやすい」「1級技能士が企画設計」「受講時間のためではなく実践で役に立つ内容」など、受講される方にとって価値ある講習となるよう、さまざまなメリットを提供しております。

ただ、今年度から更新講習を開催したばかりでまだまだ弊社のことを知っている方は少ないのも現状です。そのため、「どんな会社かわからないのし、なかなか申し込みしづらくて…」という方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そうした不安をお持ちの方にとっては、今日のこの報告にあるアンケート結果や写真を参考にしていただけると、当日の様子が少しでもおわかりいただけて、安心できるかと思います。

まだ空き席も十分ございますので、今後の弊社講座にも、みなさまどうぞお気軽にお越しください。
一人でも多くの方に、「より良いキャリアコンサルティング」ができる力を身に着けてほしいと思っています。
弊社一同、その目的のために精一杯サポートさせていただきます。

『講習内容の詳細が知りたい』『実際に参加してみたい』と思った方は、このすぐ下の右側のボタン、「お申込み・日程確認はこちら」から、弊社主催の講習申込専用ページにてお手続きください。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。 

 

 


執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。