合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

4月20日(土)2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・大阪開催)の様子

約4分

4/20(土)の午後に、大阪・心斎橋にて、
「2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 面接指導編」
を開催いたしました。

先週に引き続き、本年2回目となる大阪での2級面接指導編講座でしたが、本日も通常チケット4名・見学用チケット2名で満席となりました。いつも本当にありがとうございます。昨年からの継続学習の方、先週初めて参加されて気に入ってくださった方、今回が初参加の方と、実に多様な方々にお集まりいただきました。

今回は、まず2名の方にロールプレイを実施していただき、特に問題把握から具体的展開へ移るタイミングと判断のしかたや、キャリアコンサルタントの発言一つ一つに意図を持つことの重要性を解説いたしました。その後、元々は4ケースのロープレイを行なう予定であったところを、みなさまとご相談のうえ内容を切り替えて、相談者の話の聴き方をテーマにしたミニワークを実施しました。

ミニワークで用いた事例はその場で創った架空のものではありましたが、相談者が自分の思った通り好きなように話す中で、どうすればそこに引っ張られすぎずに、「つまり〇〇を訴えているんだな」と引いた視点で見ることができるのか、講師である私が頭の中でどんなことをしているのかを図示しながら解説いたしました。

「みなさんも私と全く同じようにしましょう」とは言いませんが、ちょっと話の聴き方のコツがわかるだけで、相談を受けるキャリアコンサルタント側に余裕が生まれることを実感していただけたかなと思っています。今回参加された方にとって有意義であったことがわかれば、このミニワークは折に触れてやってみようと思います。

それでは、今回の講座の感想を、みなさまにもご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 具体的な技能士検定のロープレの進め方が実によくわかりました。ホワイトボードの記載もライブでよくわかり、すごく良かったです。(相談の)進め方や論述との違い、できること・やりたいことをCLに選択してもらう点を含め、なぜ不合格であったかが腑に落ちました
  • いつも先生のアプローチは優しくハッとする気付きを得るのですが、それは先生が受け手側に効果あることに焦点が当てているからなのだということがわかりました。
    試験対策として受講しましたが、日常の相談業務でもできるようになりたいと思います。
  • 前回は見学で、今回初めてここ(の講座)でロープレしました。その後の解説で自身のモヤモヤが少しずつ薄らいできました。また、参加します。
  • 問題の共有の仕方、CLの問題を挙げてからCCの問題を加えて良いか確認をとってCLに選択させる、という流れがよく分かった。
  • カウンセリングの本質に初めて触れた気がします。本当にありがとうございます。
  • 知人から勧められてぜひ受講したいと思い参加しました。最初の段階でどのようにCLの話を聞けばよいのか、ポイントを掴むことができた。そこからの流れが良く把握できたので、実践してみたいと思った。納得できるところが多かった。
    今までの(他社の)講習に満足できなかったところが解消できた

アンケートへのご協力、ありがとうございます。

毎回のことですが、講座が終わった後のみなさまのアンケートを読むことを楽しみにしています。特に今回は、ロールプレイの予定を切り替えてまでお伝えしたこと(相談者の話をどう聴くか)がありましたので、それに対してどんなことを掴んでいただけたのか、わかりづらかったことはないか、などをお伺いできたことが本当に貴重でした。
今回参加された方で「このミニワークがよくわからなかった」という方も、ご心配なさらず気軽にご連絡ください。できる範囲のフォローはさせていただきます。

そして、この報告記事を読んで、『私も学ばなきゃ!』『ちょっと参加してみようかな』と思われた方は、弊社のセミナー・講座専用申込ページから、お気軽にお申し込みください。みなさまのお越しをお待ちしております。

なお、人気の日程はすでに満席になっているものもございます。
お申込みは先着順ですので、どうぞお早めにお手続きくださいませ。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。