合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

5月25日(土)2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・大阪開催)の様子

約4分

5/25(土)の午前・午後に、大阪・心斎橋にて、
「2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 面接指導編」
を開催いたしました。

いつも開催報告レポートを読んでいただいてありがとうございます。

この日は、実はもともと午後だけの開催を予定していたのですが、4月中旬の時点で参加希望の方が非常に多くなり、4月末時点で定員と同じ数のキャンセル待ちがありました。そこで急遽、午前講座も追加して、ダブルヘッダーでの開催とさせていただきました。
会場に着いたときには、真夏日に迫るほどの季節外れの暑さもあって「これは体力勝負の一日になるかな」と覚悟していたのを覚えています。実際には、参加してくださった方々の意欲の高さもあって、”暑さ”というより”熱さ”を感じる一日になりました。今日ご参加いただいたみなさま、ありがとうございます。

今回は、ロールプレイ体験を希望する方が午前・午後とも3名ずつでしたので、当初予定していたよりも長めに解説の時間を取り、ロールプレイ以外の解説や質疑応答にもじっくりとお付き合いさせていただきました。
触れてはいけない話題(※絶対NGではないですが、触れたところで効果が非常に低い話題)や、具体的展開ですぐ宿題・課題をやらせようとすることの問題点、関係構築を「なんとなく」ではなく「きちんと」やるとはどういうことなのかなど、午前も午後も、話題は最後まで尽きない講座になりましたね。

特に強調したところは、「それってCLが言われたいことですか?」という視点です。
この1つの視点を持つだけで、相談の進め方ががらりとかわることが実感できたのではないでしょうか。一時的な試験対策としてではなく、普段の相談業務の中でも、ぜひ積極的に取り入れてみてくださいね。

それでは、今回の講座の感想を、みなさまにもご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 関係構築でつまずいていたので不安でいっぱいでしたが、今までに比べるとずいぶん自信が持てるようになりました。
    次回の講座も予約したいと思います。
  • Being inとBeing withの話はとてもわかりやすく、ボキャブラリのない私にとっては救いの神でした!
    CLに寄り添うというのが何なのか、理解できました。ありがとうございました。
  • 今までの勉強会では知ることができなかったことに気づけました。
    間違った面接の進め方で前回不合格であったことに納得できました。
  • 要約のキーワードをCLと把握(共有)する難しさを感じました。
    CLの話を聴いている中で投げかける、意図のある質問を考えるのも難しい…。
    本日は見学だったので、客観的に相談の流れを見れて大変勉強になりました。
  • ロールプレイの実況を3色のペンで色分けして記録・解説してくださるのは素晴らしいです。
    ポイントがより具体的になり、よくわかりました。
  • CLの言って欲しいことをいうことが関係構築になることが実感できました。
    そして、関係構築は自然にできるものではなく意図した関わりによって作られるものであることが体験できました。
    今後も学びながら実行できるように自己研鑽していきます。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。

講座が終わった後でじっくりと読ませていただきましたが、みなさんの温かいコメント1つ1つにホッとしました。ありがとうございます。せっかく貴重な土曜の時間を割いていらしたのですから、この講座に参加したことで1つでもプラスの気付きにつながったなら、それが一番です。
そして、午後の講座の最後に何度かお伝えしましたが、学んで良かったと「インプットで終わらせる」のではなく、学んだことは実際の相談業務の中で「積極的にアウトプットして使う」ようにしてください。

この報告記事を読んで、『私も学ばなきゃ!』『ちょっと参加してみようかな』と思われた方は、弊社のセミナー・講座専用申込ページから、お気軽にお申し込みください。みなさまのお越しをお待ちしております。

なお、人気の日程はすでに満席になっているものもございます。
お申込みは先着順ですので、どうぞお早めにお手続きくださいませ。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。 

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。