合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

6月16日(日)国家資格キャリアコンサルタント更新講習(名古屋開催)の様子

約6分

6/16(日)に、名古屋市内にて、
「国家資格キャリアコンサルタント更新講習」
~ 学生・若者支援に関わるキャリアコンサルタントに本当に必要な面談技術と心がけ ~
を開催いたしました。

名古屋での更新講習は前回の「環境への働きかけ」をテーマとした更新講習が開催に至らなかったためちょっと心配していたのですが、今回の新テーマ「学生・若者支援」の講習は、早くからお申込みいただいた方がおられて関心の高さを感じました。実際に会場でお会いしてみて、みなさん熱心に学んでくださっていたので、講習を開催できて嬉しかったです。

半日(3時間)で学べることも、今日いらしたみなさまにとっては大事なポイントだったようで、貴重な休みの日を上手に活用してほしい、という弊社の意図がすごく良く伝わったようで、それもまた、プラスで嬉しい出来事でした。あらためまして、日曜日の午前中から弊社講習にご参加いただきまして、ありがとうございます。

この日の講習も、講師である私自身の経験談を交えながら、テキストに記載した事例を補う具体的な応答例と、その応答例をする根拠も含めてお話いたしました。
時に笑いがこぼれたり、「あるある!」といった声が出たりと、穏やかでありながら楽しい雰囲気で進行できたことも、良かったかなと思っています。今回は特に、実際の現場で困っていることをもとにした、講師への質問がたくさん出たこともあって、いっそう活気ある講習になりました。これもまた、参加されたみなさんのおかげですね。

講習の最中には、学生・若者の支援は、彼らがこれから生き抜いていく未来への支援であるという点を幾度も強調していたかと思います。また、学生・若者だからこそいかに安心感を与えられるか、という点も繰り返しお伝えしましたね。
実はこの話は、先日の大阪開催の時にも同じことをお伝えしています。私たち支援者側にとって当たり前のことが当たり前ではなく、学生・若者の当たり前に驚かされることも多々あります。そんな彼らと信頼関係を築くためには、彼らの視点・彼らの経験を踏まえて、「学生・若者と同じ立場にこちらから降りていくことが大事だ」ということを押さえて相談ブースに座るようにしてください。過去の経験を自慢げに語ったり、大人の理屈という名の昭和の価値観を押し付けるようなことは、しないでくださいね。

そして、これはどの講習でも同じですが、今よりもう一歩質の高い支援ができるようになるためには「これからは〇〇に気をつけなければいけない」で止めてしまわないようにしてください。学んだことを、学んだだけで満足してしまわないでください。これは、今日の講習の最後の最後に、念入りにお話ししたことです。
この話題のときに私が例で示したものは「履歴書添削を通して、相談者自身の成長につながる支援の進め方」でした。具体的かつ効果的な支援の例としてお示ししましたので、参加者の方も一所懸命にメモをしておられましたね。ただ、私の言った通りにしなければならない、という意味ではありません。みなさん一人一人が、自分の力で今ある支援メニューをどう活かして相談者の成長につなげるのか、それを考えることのできるキャリアコンサルタントになって欲しいというのが、私の本音です。ぜひ、お願いしますね。

いつもであれば、ここで参加者のみなさまのアンケート内容をご紹介しているのですが、今回ご参加いただきましたみなさまは「レポートともにアンケートも書いて提出したい」とのご要望がありましたので、いったんアンケート用紙はお預けしています。
当日参加された方々からは、帰り際に「本当に他では学べなことが学べた」「ぜひ別の講習も参加したい」という嬉しいメッセージをくださいました。アンケートのご回答も弊社に届き次第、ここでご紹介いたしますので、この記事をお読みくださっているみなさまは、楽しみにしてお待ちください。

(6/30加筆)
アンケートの回答をいただくことができましたので、あらためてご紹介いたします。
更新講習を受けるかどうか迷っておられる方の参考になれば幸いです。

  • 講師との距離が近く、具体的なエピソードを交えて講座していただいたことでとても満足しています。短時間で内容の濃い講座だったと思います。また機会がありましたら、ぜひ受講させていただきたいと思いました。
    直筆アンケートを見る
  • 名古屋での開催であること、日曜日の開催であること、講習の概要説明文がお人柄を思わせるような優しさのある文章であったため参加しようと思いました。具体的、論理的、現実的であり、参加する者のさまざまな質問にも丁寧に答えていただいた学びたいと思えるようなお人柄であったため、とても満足できた。(キャリアコンサルティングを)実践するにあたり、世界が広がる概念をシンプルに、また受け取りやすい内容で学ぶことができて、業務にとても役に立つと思います。これから求められるキャリアコンサルタント像に合致していると思うので、他の方にも勧めたいです。
    直筆アンケートを見る
  • 学生支援の経験があり、今後もやっていこうと思っているので役立つ情報が得られると思い参加しました。講師ご自身の経験から感じたことをダイレクトに聴くことができ、実践できそうな内容が盛りだくさんだったため非常に満足できました。少人数で質問もしやすかったです。ほかの更新講習とは一味違う内容で、自分自身が楽しく受講できました。期待以上の内容でした
    直筆アンケートを見る
  • キャリアコンサルタントとして相談者第一に考え支援する、という当たり前がなぜ実感をもって実践できなかったのか、理解できたと思います。具体的な例をもとに、実際に先生が使用されている「例え話」を混ぜて説明してくださることで、自分自身の面談場面に置き換えて考えることができました。学生支援特有の困難を非常にわかりやすく教えていただくことができるので、ぜひ受講を勧めたいです。
    直筆アンケートを見る

さて、最後はいつものとおり、今後の予定のご紹介です。
弊社の更新講習は、「短時間で手軽に学べる」「地方開催が多くアクセスしやすい」「1級技能士が企画設計」「受講時間のためではなく実践で役に立つ内容」など、受講される方にとって価値ある講習となるよう、さまざまなメリットを提供しております

これまでお知らせおりましたとおり、7月から9月にかけて本講習と同じテーマの講習を各地で開催いたします。すでにお席の予約を取られている方も少しずつ増えてきておりますので、参加を希望される方はどうぞお早めにお申し込みください。

『講習内容の詳細が知りたい』『実際に参加してみたい』と思った方は、このすぐ下の右側のボタン、「お申込み・日程確認はこちら」から、弊社主催の講習申込専用ページにてお手続きください。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。受講された方のご希望により、一部にイラストを使用しています。

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。