合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

6月29日(土)2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・大阪開催)の様子

約5分

6/29(土)の午前・午後に、大阪・心斎橋にて、
「2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 面接指導編」
を開催いたしました。

先月に引き続き、午前午後のダブルヘッダー開催となりましたが、おかげさまでどちらもたくさんの方にお越しいただくことができました。
初めて参加されるご新規さまから、何度も過去の講座の録音を聴いて準備して来られた方、そして遠方から新幹線や高速バスで来られた方などもおられ、非常に彩り豊かでしたね。
午前も午後も熱心な方が多く、講座の時間を終えても質疑が続くなど、試験直前に少しでもレベルアップしたいというみなさんの意欲をひしひしと感じました。今回お伝えしたことが少しでも役立っていれば嬉しいですね。

今回も、講座の中で大事なことは繰り返しお伝えしていますので、参加された方は、まずは当日のメモや録音を振り返っていただければと思います。そして、参加はできなくてもこの記事を読んでくださっている方がいるので、ここではその方々にも合わせて、どなたにもお伝えしたいことを挙げておきますね。それは「共感」と「事例の捉え方」についてです。
相談者に共感を「示す」のではなく、本当に共感を「すること」を大事にしてほしいです。相談者が見ている景色を想像し、相談者の話に出てくる登場人物とのやりとりを思い描いて、あたかもその場にいるかのように相談者の話を聴いてください。これが事例の捉え方です。
言語的に理解する、ただ単に起きた出来事を把握するのでは、わざわざ会って相談する価値につながらないからです。
そして、きっと相談者はこんな風に感じてる/考えてるであろうな、思わずこんな言葉を漏らすんじゃないかな、と思うことを言語化してみましょう。

「今さら共感なんて…」と思う方もいるかもしれません。でも、ここ最近の技能検定対策講座を通して、改めてこの点は振り返ってもらわないと行けない人が多いなとも実感しています。
相談者の「わかってほしい」という想いは、決して状況を知って起きた出来事を分析的に把握してほしいのではなく、その状況の真っ只中にいる私自身が、そこで見て聞いて感じてることを同じように感じてくれるかどうか、を指していますよね。このことを、面談の中でどのくらい意識できていますか?ついつい、問題がどう、方策がどう、と相談者に何かをさせることに気を取られていませんか?
「テクニックでわかった気になっている人ではなくて、本当にきちんとできる人を育てたい」というのが、私がこの講座を開催する一番大きな理由です。この記事を読まれたみなさんも、もう一度相談者への共感について、振り返ってみてください。

それでは、今回の講座の感想を、みなさまにもご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 自分が用意していたクライアント像とあまりにもかけ離れていて驚きましたが、とても勉強になりました。他の方のロールプレイの良いところをたくさん見ることができて学ぶことができ、さらに先生の視点も教えていただけるのがありがたかったです。他のところはアドバイス・指摘されるだけでどうしたら良かったのかは言ってもらえないことがほとんどです。ロールプレイを進行している中で同時にアドバイスをもらえる、他ではないスタイルと先生の視点が教えてもらえるので、周りの人にもぜひ勧めたいです。
  • (面談の進め方が)試験対策用になっていたが、今までのスタイルで良かったのがわかってよかったです。今後は質問の問いかけ・言葉選びを学んでみたいです。自分のスタイルに自信を持ちたいです。
  • どのケースもクライアントが置かれている背景を思い浮かべながら進めていくことが大事だと思いました。関係構築に重きを置いて、自分の聴きたいことは抑えめにして集中したいです
  • いつも丁寧にメールでのフィードバックや促しをしていただき、感謝しています。「意図をもって」を心に刻んで臨みます!
  • 講座を受けたのが2回目ですが、この講座は2級のキャリアコンサルタントの技能検定対策講座というよりは、クライアントの気持ちを理解して、実際のキャリアコンサルティングに自信をもって対応できる講座であると感じました。日頃から相手が言って欲しい言葉を考えて伝えることができるように、日々研鑽したいです
  • 投げかけた言葉に対して違う答えが返ってきたとしても、「クライアントはそういう考えなんだ、その話がしたいんだ」と気づけることの大切さ、キャリアコンサルティングの幹の部分に気付きました。少しずつ(自分が)成長している部分が感じられました。本日もありがとうございました。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。

熱心に書いてくださる方が多くて、本当に嬉しいです。アンケートを読んでいて気づいたことは、継続していらっしゃっている方がきちんとご自身のテーマを持って、そのレベルアップのために、ロールプレイの中でいろんなチャレンジをしておられた、ということです。
いつもお話ししていますが、キャリアコンサルティングに完璧や100点満点はありませんので、こうして少しずつでもレベルアップしようという意欲は、本当に大切にしてほしいです。その想いが結果に紐付くよう、私もできる限りのサポートをさせてもらおうと思っていますので、これからもよろしくお願いしますね。

この報告記事を読んで、『最後の仕上げにぜひ学びたい』『なんだか面白そうだな』と思われた方は、弊社のセミナー・講座専用申込ページから、お気軽にお申し込みください。みなさまのお越しをお待ちしております。

なお、人気の日程はすでに満席になっているものもございます。
お申込みは先着順ですので、どうぞお早めにお手続きくださいませ。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。 

 

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。