合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

7月7日(日)2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・大阪開催)の様子

約5分

7/7(日)の午前・午後に、大阪・心斎橋にて、
「2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 面接指導編」
を開催いたしました。

大阪での最後の2級面接編は、先月に続いて午前午後のダブルヘッダー開催となりました。
直前に迫った試験の仕上げでいらっしゃった方だけでなく、次の冬の試験に向けた準備のために来られた方などもいて、弊社の講座も少しずつ浸透してきたのかなと感じています。当日は梅雨独特の蒸し暑い一日でしたが、そんな中でも午前と午後の両方を受講されるなど、今回もみなさんの熱意を間近で感じることができました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございます。

今回は午前も午後も、全員が1回ロールプレイを経験し、フィードバックも個別に全部実施させていただきました。
特に午前・午後ともに参加された方はひしひしと感じられたかと思いますが、同じケースのロールプレイでも、相談者役がかわったり、キャリアコンサルタントが変わると、それだけで全然違う展開になりましたよね。これは、キャリアコンサルティングが生き物のように毎回変化するものであり、事前にケースをあれこれ想定したとしても、その通りになるわけではないという証拠です。

ここで間違えてほしくないことが、2つあります。それは、「想定通りにならないのはおかしい」と相談者(役)を悪者にすることと、「想定通りにならないなら準備しても意味がない」とその場のヤマ勘で対応をすることです。この2つはいずれも倫理綱領に抵触しています。
当日参加された方には、「倫理綱領には必ず目を通してください」とお伝えしたかと思います。その理由は、こうした困ったシチュエーションの時にこそ、その人がキャリアコンサルティングという仕事と、あるいは相談者と、どの程度誠実に向き合うことができているか、その姿勢・態度が現れるからです。

試験なんだから受かればいいじゃないか、という方もいらっしゃるかもしれませんが、少なくとも私は「ただ受かる人を増やすのではなく、きちんと誠実に面談できる人を増やす」ことを支援方針としていますので、せっかくのご縁で弊社の講座で学ばれた方には、「毎回変化するからこそ、その変化さえも受け止められるよう、まだまだ研鑽を重ねないといけないな」と感じられるキャリアコンサルタントになって欲しいと思っています。ぜひ、より良いキャリアコンサルタント像を目指していける人になってくださいね。

それでは、今回の講座の感想を、みなさまにもご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • フレームを理解することは大切であるが、実際にはすべて(のケース)が同じステップを踏む必要はないこと、特に、具体的展開は目標設定を必ず入れる、と決めつける必要はないことがわかりました。どんな面談であったかを客観視して口頭試問に臨むことが大事であることも再認識できました。共感を言語化する!意識して頑張ります。
  • 講座に(これまで)3回参加させていただきました。1回目はキャリアコンサルタント役の私がリードして進めていました。が、2回目・3回目と回数を重ねることで、確実に気づきが増え、自分自身が成長していることを感じることができました。相談者の話している内容を、言葉だけでなく景色も見るようになれました。
  • もっとCLの本質を掴んで、CLを深く理解して、深い関係構築を図って、CLの真の役に立つサポートができるようになりたいので、今後も八阪先生のところで学ばせていただきます。よろしくお願いします。
  • 本日もたくさんの学びをありがとうございました。先日からも踏まえてですが、「CLは何をわかって欲しいんだろう?」「知りたい欲求と戦う・CCが知りたいだけのことは言わなくてよい」など、たくさんのことに気づきました。本番で少しでも実践できるよう、あと一週間振り返りと聞き直しをいたします。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。

みなさん、大事なところに気づいてくださっていますね。お伝えしたことをしっかりつかみ取ってくださっているのは、講師冥利に尽きます。ありがとうございます。
テクニック的に「こうすべき」という手法を追いかけることよりも、ひたすら誠実に、目の前の相談者はいったい何をして欲しい/わかって欲しいだろうか?と考え続けて、向き合い続けてくださいね。理論や技術を巧妙に駆使してグイグイ引っ張る人と、自分のペースに合わせて1つ1つ踏みしめて一緒に歩んでくれる人、どちらが相談者が望んでいるのか。それを忘れなければ、結果は自ずとついてくるはずですよ。

さて、最後は今後の予定についてです。

この夏の試験は、今週末で全て終了しますので、技能検定対策講座は一休みとなります。
次回は冬の試験に向けて、8月から9月をめどに募集を開始する予定です。具体的な日程が決まり次第、このホームページ上でお知らせいたしますので、冬の試験に向けて準備したい方は、楽しみに待っていてください。

また、弊社では技能検定対策講座と並ぶもう一つの大きな柱として、国家資格キャリアコンサルタント更新講習も実施しております。こちらも、技能検定対策講座と同じく私が講師を務めますので、この記事を読んで『どんな講習か見てみたい!』『一度直接指導を受けてみたい』と思われた方は、この記事の下部にあるオレンジのボタンをクリックしてください。

クリックすると、弊社のセミナー・講座専用申込ページに移動しますので、そこから今後開催予定の各種講習の詳細確認やお申し込みが可能となっております。

なお、お申込みは先着順ですので、参加をご希望の方はどうぞお早めにお申込みくださいませ。
みなさまのお越しを心からお待ちしております。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。