合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

7月28日(日)国家資格キャリアコンサルタント更新講習(大阪開催)の様子

約6分

7/28(日)に、大阪・天満橋にて、
「国家資格キャリアコンサルタント更新講習」
~ 相談者を取り巻く環境への理解を事例とディスカッションを通じて深める ~
~ 学生・若者支援に関わるキャリアコンサルタントに本当に必要な面談技術と心がけ ~
の2本を開催いたしました。

いよいよ近畿地方も梅雨明けして夏本番を迎えたこの日、7月最後の更新講習を実施いたしました。
先月に引き続いての大阪開催となりましたが、今回は何といっても初めての試みとして、午前と午後で異なる講座をダブルヘッダーで開催いたしました。過去に開催したことがある講習の組み合わせとはいえ、初挑戦の物事というのは、それが何であってもドキドキしますね。
昨日までの準備の段階から、午前用・午後用と2種類の資料をカバンに詰めつつ「うまくできるかなぁ」と呟いていたことを思い出します。今回も、参加してくださったみなさまが前向きで、かつ温かい姿勢で講習に参加してくださったので、おかげさまでうまくダブルヘッダー開催を乗り切ることができました。ありがとうございます。

今回の講習でも、参加者のみなさまとの交流や意見交換に重きを置いて進めさせていただきました。趣味の話も含めて、講師の事例を交えながら楽しく学んでいただくことを意識してお届けしましたが、もちろん講習の中での大事なポイントもありますので、レポートを書きながら、あるいはご自身で書いておられたメモを読み直しながら、学んだことの定着を進めていただけると嬉しいです。

午前の講習:相談者を取り巻く環境理解では、相談者が発言したことをそのまま「これが言いたいことだ」と解釈して受け止める危うさについて、何度も繰り返しお伝えしましたね。そして、言ったことにただ反応するのではなく、言わんとしていることまで受け止める必要があること、そのためには2手も3手も先を考えて察してあげること、察してあげたことを言葉にして本人に確かめてもらうこと、など、いくつも大事なポイントをお話しました。

また、午後の講習:学生・若者支援については、若者・学生特有の傾向やリスクを踏まえて面談に臨む必要性とフラットな関係性の重要性をキーワードとして挙げました。対社会人の相談と違って、些細なことでもすぐに上下関係が出来上がってしまうという学生・若者支援の怖さや難しさを頭に入れておくこと、そして、彼らがこれから生きていく”未来の社会”に役立つ支援をすること、このあたりが大事な点でしたよね。

どちらの講習も、大事な点に差し掛かると「難しい…」という言葉もちらほらありましたが、難しいと感じているからご自身がダメだというわけではないですね。これまで持っていなかった視点に気づくことができた、キャリアコンサルタントとして成長する部分を発見できた、そんな風に捉えて、自己の成長とより良い支援の提供のために「難しくてもチャレンジすること」を忘れないで欲しいです。きっと、相談者もそんな姿をどこかで見ているはずですので。

さて、それでは、恒例のアンケート内容のご紹介に移ります。
今回は記入された方の希望により、一部のアンケートのみのご紹介となりますが、ご了承ください。

  • しばらく学生支援から離れているので、改めて学びなおしたいと思い参加しました。学生・若者支援について、フラットな関係が大事で、しっかり信頼関係を築くことで本音が出てくることが理解できました。(1つ1つの提案・発言が)なぜ必要かをしっかり説明できるよう、考えて相談に臨もうと思います。グループで意見を出したり、先生のフィードバックを受けることで理解が深まっていくため、他の方にもぜひ受講を勧めたいです。
    直筆アンケートを見る
  • キャリコン仲間に「八阪先生の教え方はすごく良い!わかりやすい!行った方が良い!!」と強くお勧めされたため、参加しようと思いました。リラックスして受講できる環境づくりをしてくださっていたことと、ポイントを複数の角度から具体例を交えて伝えてくださったこと、”CLの関係者とCLとの関係性を念頭に置く”という新しいフレームをインストールできたことで、とても満足できました。わかりやすい・質問しやすい・和やかな雰囲気で、とても受講しやすかったです。ありがとうございました!
    直筆アンケートを見る
  • 今までにない視点だったので、全く知らない考え方・進め方を知ることができました。あまりカウンセリングを普段していないのと、これまでの経験からカウンセリングは難しく自分にできるのかという想いがあり、来るのが憂鬱でした。でも、新しい視点を知れたので、来て良かったです。
    直筆アンケートを見る

みなさま、ご回答ありがとうございます。

今回はほとんどの方が初めてお会いする方でしたが、こうして更新講習を実施することで生まれる新たな出会い・ご縁があったことも嬉しいことです。講師として、学んでいただきたいことをお伝えすることはもちろん、同じキャリア支援という領域の仲間が増え、その仲間が成長して現場でより良い支援ができるようになれば、こんなに魅力的なことはないですね。
今回のアンケートからは、きっとそれを目指してくださるだろう、と感じられるメッセージがたくさんありました。ぜひ、そんな姿になることを期待しています。

さて、最後はいつものとおり、今後の予定のご紹介です。

弊社の更新講習は、「短時間で手軽に学べる」「地方開催が多くアクセスしやすい」「1級技能士が企画設計」「受講時間のためではなく実践で役に立つ内容」など、受講される方にとって価値ある講習となるよう、さまざまなメリットを提供しております

また、今回の講習から新たな試みとして、国家資格キャリアコンサルタントをお持ちでなくても参加できるように変更をいたしました。

キャリアコンサルティング技能士の方や標準レベルキャリアコンサルタントの方はもちろん、ソーシャルワーカーなどで就労支援に関わっておられる方や、企業の人事・人材育成担当の方、大学等の就職支援部門・キャリアセンターにお勤めの職員の方なども、ご参加いただけます。これまで参加資格を満たせずに申込を迷っていた方も、ぜひこの機会に一緒に学んでいってくだされば嬉しく思います。

『講習内容の詳細が知りたい』『実際に参加してみたい』と思った方は、このすぐ下の右側のボタン、「お申込み・日程確認はこちら」から、弊社主催の講習申込専用ページにてお手続きください。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。受講された方のご希望により、一部にイラストを使用しています。

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。