合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

8月18日(日)国家資格キャリアコンサルタント更新講習(滋賀開催)の様子

約5分

8/18(日)に、滋賀・大津市内にて、
「国家資格キャリアコンサルタント更新講習」
~ 学生・若者支援に関わるキャリアコンサルタントに本当に必要な面談技術と心がけ ~
を開催いたしました。

この日はお盆明け後の初講習でした。講習を開催した日はまだまだ残暑が厳しかったのですが、会場の目の前に広がる綺麗な琵琶湖の青を眺めていると、吹いている風もどことなく涼しさを感じるような、湖の国ならではの空気感がありました。

今回の滋賀開催は、先週の米子同様に実現を強く希望していた都市の1つでした。弊社は大阪に拠点を置いておりますので、講習でもイベントでも大阪や京都で開催することが数多くあるのですが、滋賀から足を運んでくださる方がよくいらっしゃったことが前々から印象に残っていました。今回はようやく、そんなみなさまのために地元・滋賀での講習が開催ができて、ご期待に沿うこともできたかなとホッとしています。
前回の米子同様に、大都市ばかりで地元でなかなか学ぶ機会が無いという方の助けになるよう、これからも各地で更新講習を開催してきたいです。

さて、講習の内容についてですが、今回は人数が少なかったこともあり、事前に準備したプログラムをただなぞっていくのではなく、参加された方が若者・学生支援に関わるうえでどこに課題を感じているのかをお伺いしてから、講習の内容とご自身の悩みを紐づけつつ解説をさせていただきました
今回は、「何もわからない」「やりたいことが特にない」という状態で相談に来られる方への対応がネックだということで、これまでに同じ内容の講習を開催した際のキーワード「フラットな関係性」を重点的に取り上げながら、お伝えさせていただきました。

「やりたいことがない」と実際に相談ブースで言われたときに、まず最初に何をするのか。ついつい「好きなことは何か、今まで面白いと思ってたことは何か」と質問をして掘り下げることをしていませんか?その話よりも優先して、キャリアコンサルタントがやらなければいけないことがありますよ、というお話でしたね。具体的な事例として、2つほどご紹介もしたかと思います。
本当に相談者である学生・若者が安心して相談できるキャリアコンサルタントになるためには、この人なら何を言っても大丈夫という関係性を時間や手間暇をかけて築いていくことが必要です。初回面談の冒頭でたった一言「なんでもお話しください」と言っただけでは不十分だ、ということもお伝えしましたね。
いつも・いつでも安心して話してもらえるようになるには、キャリアコンサルタントが聴きたいことを聴くのではなく、相談者がわかって欲しい/言って欲しいことを言葉にするようにしてくださいね。

さて、それでは、恒例のアンケート内容です。ぜひご一読ください。

  • 八阪先生の主催であったために参加しようと思いました。日頃の業務の点検と、学生支援のポイントを学ぶことができました。長年の間につい忘れがちがな大切なポイントを思い起こすメンテナンスができ、充実した講座内容でした。8月末に高校生面接会で面接漢訳を行なうのですが、生徒への配慮、指導や指示になってはいけない理由がよくわかり、大きな学びとなりました。自律・自立してもらえる支援を行なえるよう臨みたいと思っています。面接会の前に大切なポイントを学ぶことができ、本当に良かったと思います。
    直筆アンケートを見る
  • 日々のカウンセリングの中で、相談者にとってためになる質問や気付きを与えるきっかけを作れているか?と、自分自身で疑問に感じる時があるため参加しようと思いました。学生・若年者の対応をするうえで、そもそも「上下関係」がある状態でスタートしているということ、それに追い打ちをかけるように「何とかしてあげないと…」と言った気持ちが働いていることに気づきました。相談者が何でも安心して話を切り出せる場を提供できるよう、カウンセリング力を磨いていきます。
    直筆アンケートを見る

みなさま、ご回答ありがとうございます。
アンケートにもお書きいただいたように、学生・若者の相談者だからこそ気を付けるポイントをしっかり掴んでくださっていますね。あとは、学んだことを少しずつ実践に移して、「知っている」から「できる」にレベルアップできるよう、今日からの面談で工夫をしてみてください。ヒントになる問いかけのワードは、この日一所懸命に書いておられたメモの中にあるはずですよ。

最後は、いつものご紹介と、今後の予定について書き添えておきます。

弊社の更新講習は、「短時間で手軽に学べる」「地方開催が多くアクセスしやすい」「1級技能士が企画設計」「受講時間のためではなく実践で役に立つ内容」など、受講される方にとって価値ある講習となるよう、さまざまなメリットを提供しております

弊社の講習は、国家資格キャリアコンサルタントでなくても、キャリア支援に関わる方であればご参加いただけます。
例えば、ソーシャルワーカーや心理職の方で就労支援に関わっておられる方、企業の人事・人材育成担当の方、大学等の就職支援部門・キャリアセンターにお勤めの職員の方などがそうです。もちろん、標準レベルキャリアコンサルタントやキャリアコンサルティング技能士など、従来のキャリア支援系の資格をお持ちの方も参加可能ですので、どうぞご安心ください。ぜひ弊社の講座で一緒に学んでいただけると嬉しいです。

『講習内容の詳細が知りたい』『実際に参加してみたい』と思った方は、このすぐ下のオレンジ色のボタン、「お申込み・日程確認はこちら」から、弊社主催の講習申込専用ページにてお手続きください。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。