合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

9月1日(日)国家資格キャリアコンサルタント更新講習(福岡開催)の様子

約7分

9/1(日)に、福岡市内にて、
「国家資格キャリアコンサルタント更新講習」
~ 学生・若者支援に関わるキャリアコンサルタントに本当に必要な面談技術と心がけ ~
~ 相談者の思考転換につながる質問力アップトレーニング ~
の2本を開催いたしました。

この日は大変な大雨となりましたが、お足元の悪い中、午前・午後とも多くの方にご参加いただきまして、ありがとうございます。今回は他県から福岡までお越しになられた方も多くいらっしゃいましたが、当日は道路渋滞もひどく、会場にお越しになられるだけで一苦労されたことかと思います。そんな中でも、頑張って学びに来てくださったことに、あらためて御礼申し上げます。

この日は、午前はこれまでも多数開催してきた「学生・若者支援」の講習を、そして午後には初めて「質問力アップ」をテーマにした講習を開催いたしました。今回の新テーマである質問力、という言葉に関心を持ってくださった方も何人もいらっしゃったことと、初めての講習であったことを踏まえて、クライアントの発言のどこにどう注目して質問をどう創っていくのか、講師からの例示を増やす形で対応させていただきました。

それぞれの講習でお伝えした要点をここで挙げてみます。

午前の講習:学生・若者支援では、学生が気軽に言う「わかりません」や「教えてください」という言葉の背景まで考えながら聴くことや、相談を点ではなく時系列で捉えることで関係構築が深まるということを、例も交えながらお話ししました。彼らはどうしてその発言/その発想になるのか、彼らが育ってきた社会背景を考えることが必要であることもお話ししましたね。そして、若者向けの支援は、過去の自分の経験を語ることではなく、未来の彼らにとって役に立つことが鉄則、というお話でした。これからの社会がどう変化するのか、それをキャリアコンサルタントがわかっていることが大事になります。

午後の講習:質問力アップについては、キャリアコンサルタントが聞きたい/知りたいという動機の質問をやめること、質問は効果があるかどうかに注目して「創る」ことをポイントとして挙げました。グループワークでは実際に質問を創る作業にも取り組んでいただきましたが、多種多様な視点が得られる一方で、どうすれば思考転換につながるのか、言葉を創ることの難しさも感じられたことと思います。その難しさがわかったからこそ、安易な質問をしてはいけないということにも気づいていただけのではないでしょうか。

午前・午後とも、グループワークの場面では頭を抱えたり、じっと考え込む場面が多かったように思います。それは、相談をプロフェッショナルとして行なうならば、ここまで考えないといけないという奥深さとの出会いです。今回の講習で学んだことを振り返って、ご自身の相談の進め方や、キャリアコンサルティングに対する考え方を見直していただけれれば幸いです。

それでは、恒例のアンケート内容のご紹介に移ります。
今回は参加された方がたくさんいらっしゃいましたので、一部のアンケートのご紹介となりますこと、ご了承ください。

  • 日々面談をしていくなかで、就職活動に関する知識は増えていくものの、それを学生にどう伝えるかなど、マインドの部分に「これでいいのか」という疑問があったため参加しました。
    学生特有の「働いた経験がない」ということから、ここまで様々なことを想像しなければならないのか、と目からウロコが落ちたような気持ちになりました。「だからこそ情報提供しなければならない」と思い込んでいた部分を、少しでも転換していければと思います。
    直筆アンケートを見る
  • 重要なポイントをキーワードで提示していただいた点が非常にわかりやすかったです。本来のキャリアコンサルタントのあるべき姿が学べて、本当の意味での相手の立場に立つということが理解できて、とても役に立つ講習でした。
    直筆アンケートを見る
  • 自分の不足点(形にこだわる)にうっすら気づいていましたが、やはりそうかと考える機会になって、とても満足しています。今回は身近・具体的であり、かつ八阪先生のお話に刺激をうけたので、周りの方にも受講を勧めたいです。更新に必須ということから離れて、自分自身を見直す良い機会となりました
    直筆アンケートを見る
  • 質問を創る、という考え方が無かったなぁと自分を振り返ることができました。質問は何のため?誰のため?基本の大事なことを思い出させてくれて、とても満足しています。多面的な捉え方での質問ができそうで、とても役に立つ内容でした。目からウロコ的な感じがありました。
    直筆アンケートを見る
  • 質問について、クライアントの”メリット”を考えていたか、あらためて気づきました。キャリアコンサルタントのメリットに偏っていました。また、”質問”に対するクライアントの”観察”が不足していたことに気づけた点で満足しています。キャリアコンサルタントでなくても十分役に立つ視点だし、わかりやすい。さらに実用的な工夫まで自力でやるメニューになっているのでぜひお勧めしたいです。
    直筆アンケートを見る
  • グループワークもあったので、1人では考えつかないような質問を共有することができました。学生の言っていることの矛盾点を突く、というのは心得ていましたが、具体的にどうオブラートに包むかを考えることができました。「うまくまとめて話せない」という事例だけでここまで質問の幅が広がるのか!と驚きました。脳をフル回転させて、より学生のためになる面談ができるようになりたいと思います。
    直筆アンケートを見る

みなさま、ご回答ありがとうございます。

とても具体的に・たくさんのボリュームで回答してくださった方が多くて、率直に嬉しいです。特に今回は、午前の学生支援でも午後の質問力でも、いかに自分の考えていること・捉えていることを相手が受け取れる形にしてアウトプットできるか、という点を繰り返しお話していたので、アンケートでもそれを早速実践れに移してくださったのかな、と思っています。

また、アンケートの中で、「少し声が小さい、聴きとりづらい」とのご指摘もいただいております。ありがとうございます。声の小ささは元来自覚しておりますが、受講される方に不具合がないよう、次回から配慮してまいります。もし、当日参加されていて聴き洩らした/もう一度教えてほしいということがあれば、どうぞお気軽にご連絡ください。しっかりと補足させていただきます。

さて、最後はいつものとおり、今後の予定のご紹介です。

弊社の更新講習は、「短時間で手軽に学べる」「地方開催が多くアクセスしやすい」「1級技能士が企画設計」「受講時間のためではなく実践で役に立つ内容」など、受講される方にとって価値ある講習となるよう、さまざまなメリットを提供しております

また、国家資格キャリアコンサルタントの資格を持っていない方でも、例えばキャリアコンサルティング技能士の方や標準レベルキャリアコンサルタントの方、ソーシャルワーカーなどで就労支援に関わっておられる方、企業の人事・人材育成担当の方、大学等の就職支援部門・キャリアセンターにお勤めの職員の方などもご参加いただけます。より良く生きる・より良く働くための支援に関わるみなさまが、ぜひ互いに学びあう機会にしてくだされば嬉しいです。

『講習内容の詳細が知りたい』『実際に参加してみたい』と思った方は、このすぐ下の右側のボタン、「お申込み・日程確認はこちら」から、弊社主催の講習申込専用ページにてお手続きください。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。一部、参加者の方のご希望により加工を加えております。