合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

11月10日(日)2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・名古屋開催)の様子

約4分

11/10(日)の午後に、名古屋市内にて、
「2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 面接指導編」
を開催いたしました。

今回の技能検定対策講座は、前回参加された方からのリクエストを受けて午前・午後のダブルヘッダーで開催いたしました。午前と午後の両方に参加される方がおられるなど、早い時期から熱心に学んでくださる方がいらっしゃって、出張開催をした甲斐があったなと嬉しくなりました。

当日はロールプレイも充実させて、午前午後で合計7回実施もいたしました。実践的な学びを何度も繰り返すことで、参加された方々にとっては、これまでの質問中心とは違った学び・気付きの深まりがあったようです。ロールプレイも、私が客観的に見て解説するパターンと、相談者役として対応するパターンをご用意して、飽きの来ないように工夫してお届けいたしました。

今回の参加者の方が何度もおっしゃられていたのはどうしても”教えてあげたい””解決してあげたい”という欲が出てくるということでした。講座の中でもお話ししましたが、ほとんどの方は、元々キャリアコンサルタントになりたい動機が「他者を助けたい」から始まっていますので、面談はまさにその現場・その瞬間ですから、そうした気持ちになりやすいものです。
ただ、それはあくまでもご自身がキャリアコンサルタントになりたい理由であって、相談者にとっては関係の無いことですね。自分の動機をベースに面談を進めていくと、それは相談者第一ではなくキャリアコンサルタント第一になってしまいます。自己の欲求をいかに制御するか、これが問われている試験だということを、よくよく覚えておいてくださいね。

それでは、今回の講座の感想を、みなさまにもご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 問題解決に無理に持ち込まない、自分の価値観で先回りして答えを用意しないように気を付けたいと思います。
  • 少人数制なので質問の時間も十分に取れてありがたかったです。
  • 相談者の気持ちを中心に聴き次に進めること、相談者のキーワードを取りこぼししないこと(が課題)。なかなか難しいですが。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。
この業界に身を置いていると、相談者第一という言葉は嫌というほど耳にしますが、あらためてその難しさ・奥深さを感じられているご様子ですね。時々「ゴールが遠い…」と頭を抱えておられた様子が心配ではあるのですが、千里の道も一歩からという諺もあるように、1つずつ前進していければいいんだ、と捉えていただけるとありがたいです。いっぺんにすべてが解決する魔法のようなものはなかなか無いので、経験をコツコツと積み上げて、ご自身の技術を磨いていきましょうね。できる限り、そのサポートはさせていただきます。

さて、ここからはいつものように、今後の講座開催予定などのお知らせです。

弊社では、この秋冬シーズンは名古屋・大阪・広島・福岡の4都市で、技能検定対策講座をローテーションしながら開催しております。おおむね2週間に1回開催されるよう、4都市を順番に巡っておりますので、地元で学べる機会がたくさんございます。人気の日程は早くもお席が埋まり始めていますので、参加をご検討の方はどうぞお早めにお申し込みください。

それから、もう一つ。
弊社では技能検定対策講座と並ぶもう一つの大きな柱として、国家資格キャリアコンサルタント更新講習も実施しております。こちらも、技能検定対策講座と同じく私が講師を務めますので、この記事を読んで『どんな講習か見てみたい!』『一度直接指導を受けてみたい』と思われた方は、この記事の下部にあるオレンジのボタンをクリックしてください。

クリックすると、弊社のセミナー・講座専用申込ページに移動しますので、そこから今後開催予定の各種講習の詳細確認やお申し込みが可能となっております。

なお、お申込みは先着順ですので、参加をご希望の方はどうぞお早めにお申込みくださいませ。
みなさまのお越しを心からお待ちしております。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら 講座開催リクエストはこちら

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。参加された方のお顔の映らない写真となりますこと、ご了承ください。

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。