合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

12月14日(土)2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(面接指導編・福岡開催)の様子

約6分

12/14(土)の午前・午後に、福岡市内にて、
「2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座 面接指導編」
を開催いたしました。

この日は当初は講座開催の予定は無かったのですが、先月末にご参加いただいた方からのリクエストをいただいて、追加で・なおかつダブルヘッダー開催でみっちりと6時間学んでいただく形で開催いたしました。学科・論述試験の前日という中での開催となりましたが、とにかく終始みなさま明るく賑やかで、ハードな1日講習もあっという間に過ぎたという印象でした。
最後にお帰りになられる際に「一日学んだけど爽やかな気分でいられる」というお言葉も出ていましたが、みなさまもきっと、今日一日がとても充実していたと感じてくださったのでしょうね。それは今日ご参加いただいた方おひとりおひとりが、そういう学びの場を創ってくださったということですので、私としてもありがたい限りです。あらためて御礼申し上げます。

今回は、午前は質疑応答+ケース分析、午後は全員でロールプレイと、バラエティ豊かな内容でお届けさせていただきました。午前中は質問がずっと尽きない状態でしたが、「実際にやってみるとどうなるんだろう?」という疑問も少し残った状態だったかなと感じています。午後のロールプレイと私のフィードバックを聞いて、午前の説明の意味がより深くわかったのではないでしょうか。

今回はダブルヘッダーでしたので、お伝えしたポイントの数もたくさんありましたが、一番参考になったのは午後のロールプレイのときに行なった、私自身の捉え方・答え方などをリアルタイムで板書した実況型解説だったのではないでしょうか。
特に、関係構築をどうやって進めるのか、具体的にどんな言葉が有効であるのかについては、目の前でロールプレイが展開された直後だったので、私からのメッセージも納得度がより高まったかと思います。相談者役を務められた方が、何度も深くうなずいたり「それ、言われたいです!」という言葉が出ていた場面がありましたよね。なぜそんな反応が得られたのかというと、何度も繰り返しお伝えしていたキャリアコンサルタントが言いたいことを言うのではなく、相談者がわかって欲しい/言われたことを言葉にするを徹底していたから、でしたね。

今ここに相談に来ている以上、キャリアコンサルタントは相談者に対して「相談に来た意味(価値)」を感じてもらえる関わりが必要です。ただ、それを何か解決策を提示すること・前に進めさせることが価値だと誤解していると、相談者は置き去りになってしまいます
「この人だったら相談してみよう」と相談者に思ってもらえて、初めて関係構築であり、それがなければどんな提案も受け取ってもらえない(もしくは嫌々受け取る)になってしまいます。とにかく徹底して相談者のことを考え抜くこと、そこにこだわりぬいて、相談者のことを本当の意味で大事にできる専門家になること。そこを目指して取り組んでくださいね。

それでは、今回の講座の感想を、みなさまにもご紹介します。

【受講者アンケート】(一部抜粋)

  • 国家資格キャリアコンサルタントの合格翌日という最高のコンディションで臨めましたが、そうでなくても楽しみながら学ぶことができました。「何といわれたら喜ぶか」相手のことを考えながら、毎日訓練したいと本当に思いました。2級を受けるかも迷いながらの受講でしたが、かなり受検に前向きになりました。意図のある質問・展開を私もできるようになりたいです。
  • 前回受講された方からのご紹介で参加しました。どんなものか興味がわけば…くらいの気持ちでした。(実際に参加してみると)今までのものと180度違うものを学んだような感じがします。根底はクライアントを中心に。とてもわかりやすく、目からウロコ状態でした
  • 関係構築の重要性・アプローチ方法が理解でき、ポイントやキーワードがわかって十分活用できると思いました。今までのキャリアコンサルティングの方法とは180度違いますが、活用していきたいです。
  • 2級試験についていろいろ聞けたうえ、ロールプレイ中の同時フィードバックが大変参考になりました。ロールプレイに対する概念や姿勢が変わりました。何より八阪先生のお会いできたのが嬉しいです!!
    本当にクライアントが望んでいるのか、という視点は常に意識して、検定試験で活用したいです。これまで習ってきたこと・正しいと思ってたことがひっくり返りました!八阪先生がステキで内容もわかりやすいので、ぜひ受講を勧めたいです。次回は泊まりで来てください!!
  • 相談者の日常をイメージするためにケース分析をする、ということが目からウロコでした。どうしても”ロールプレイの流れだけ”を想定することに注目してしまっていたので、いかに相談者中心で考えなければいけないかということが再認識できました。

アンケートへのご協力、ありがとうございます。
今回参加された方は、標準レベルを合格されたときの勉強仲間で集まってくださったのですが、そこで学んだことと全然違う内容だったことが非常に新鮮だったようですね。標準レベルから一段上がった、熟練レベルの考え方・進め方に触れたことで、大きな刺激になったことが伝わってくるアンケートでした。少しでも、ご自身の中に取り入れていっていただければ嬉しいです。

さて、ここからは今後の講座開催予定などのお知らせです。
弊社では、この秋冬シーズンは名古屋・大阪・広島・福岡の4都市で、技能検定対策講座をローテーションしながら開催しております。年末年始は弊社拠点のある関西・大阪での開催を残すのみとなりましたが、一部まだ空席はございます。お申込は先着順となりますので、参加をご検討の方はどうぞお早めにお申し込みください。

それから、もう一つ。

弊社では技能検定対策講座と並ぶもう一つの大きな柱として、国家資格キャリアコンサルタント更新講習も実施しております。こちらも、技能検定対策講座と同じく私が講師を務めますので、この記事を読んで『どんな講習か見てみたい!』『一度直接指導を受けてみたい』と思われた方は、この記事の下部にあるオレンジのボタンをクリックしてください。

クリックすると、弊社のセミナー・講座専用申込ページに移動しますので、そこから今後開催予定の各種講習の詳細確認やお申し込みが可能となっております。

みなさまのお越しを心からお待ちしております。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら 講座開催リクエストはこちら

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。