合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

2月16日(日)国家資格キャリアコンサルタント更新講習(福岡開催)の様子

約6分

2/16(日)に、福岡市内にて、
「国家資格キャリアコンサルタント更新講習」

~ キャリアコンサルタントのプロとしてのあり方を倫理綱領とディスカッションを通じて学ぶ ~
~ 学生・若者支援に関わるキャリアコンサルタントに本当に必要な面談技術と心がけ ~
の2本を開催いたしました。

今回は午前・午後合わせてのべ25名の方にご参加いただき、大盛況の講習となりました。福岡だけでなく他県からの参加の方も多くいらっしゃいましたので、参加された方にとっては、普段の勉強会とは違った新鮮な学びや交流ができたのではないでしょうか。寒い冬の日の講習でしたが、会場は参加されたみなさんの学習意欲の高さから、ずいぶんと温かかったように感じられました。ご参加いただいたみなさま、貴重な日曜日の時間を使ってお越しいただき、ありがとうございました。

この日は、午前中は2月から新登場した「キャリアコンサルタントの倫理」についての講習を、午後からはこれまで一番多く開催してきた「学生・若者支援」についての講習を開催いたしました。
「キャリアコンサルタントの倫理」は2月からの新登場でしたので、みなさんがどこまで関心を持っていただけるか、どんな学び・気付きを得てもらえるか、ちょっとドキドキしながら進めていました。グループワークの多い講習内容でしたが、多くの方が積極的に参加してくださっていましたね。各チーム2事例ずつの検討をしていただきましたが、終わった後には「他の事例も見せてほしいです」なんて方もおられましたね。

そして、その「キャリアコンサルタントの倫理」の講習では、倫理綱領を上手に使えば、自分自身の面談の振り返りに役立つということと、事例検討の場面において、思い付きや主観のぶつけ合いではなく、新人からベテランまで誰もが同じ視点で大事なところを確認できるメリットをお話しいたしました。倫理綱領はただの堅い文章ではなく、みなさんの上達をサポートしてくれる便利ツールということが、わかっていただけたのではないでしょうか。

そして、午後の学生・若者支援の講習では、学生・若者の相談者の場合に上下関係がすぐ生まれてしまう理由と、フラットな関係性を築く難しさ、より深い相談者理解のために彼らの日常にまで想いを馳せることなどを、事例を交えてお話ししました。最後のディスカッションでは、つい「若者は○○が足りない」と言いがちなところですが、「じゃああなたはどんな支援をして身に付けてもらいますか?」と問われると、頭を抱えていた人もいましたね。問題点を指摘するのではなく、一緒になって考えること、フラットな関係の大事さと大変さを実感していただけたかと思います。職場に戻られてからも、ぜひフラットな関係を意識して面談を進めてくださいね。

それでは、今回ご参加いただいた方の「参加者の声」をご紹介してまいります。
今回は参加された方がたくさんいらっしゃいましたので、一部のアンケートのご紹介となりますこと、ご了承ください。

  • 倫理綱領を初めてきちんと理解したような気がします。とても良い勉強になりました。今回のような、他者の事例を客観的に見ることができるのはとても良かったです。自分に当てはまることもたくさんありました。
    直筆アンケートを見る
  • 倫理の解説をイメージしていましたが、CLにより良い支援を行なうための大事な柱であり、支援を振り返る際の基準でもあることが学べました。「修了認定レポート」の作成は、学びをさらに深め、受講した後の気付きや実践で取り入れたときに、自身の成長を実感できたり、逆にわかっていないことがわかるので、それがいいと感じています。
    直筆アンケートを見る
  • 求職者に対する支援の「基本の”き”」の部分であり、もう一度しっかり学びたいと思ったため参加しました。普段の職業相談で、つい忘れがちなことを初心に帰って学ぶことができたと思いました。テキスト、先生の説明がとてもわかりやすく、次の講座も受けたい!と思う内容でした。周りにぜひ勧めたいです。
    直筆アンケートを見る
  • 実体験に基づいた内容で、自身の業務との結びつけが容易だったため、とても満足できました。内容もわかりやすく、堅苦しさも全くないので学びやすいため、周りの人にもぜひ受講してもらいたいです。個人で考えることができない学生も相談に来室するため、個々の対応として本日の学びを活かしていきたいです。
    直筆アンケートを見る
  • 若年者向けの講座をぜひ受講したいと思っていました。本当に期待以上の内容でした!ふだん対応している年齢層以外の年齢やケース(たとえば今回の学生など)について、”知識”として何となく「理解していたつもり」のことが多いと痛感しました。先生の講座はとてもわかりやすいので、ぜひともCMしたいです(笑)
    直筆アンケートを見る
  • 学生の支援に必要な「面談技術と心がけ」を学びたかったため参加しました。あらためて、学生支援の難しさを実感することができました。先生のお言葉がたくさんの経験を経てだと思うので、とても重みがあり、わかりやすく、しかも楽しく学ぶことができました。ありがとうございました。また参加させてください。
    直筆アンケートを見る

みなさま、ご回答ありがとうございます。

今回は参加された方がたくさんいらっしゃったので、本当はもっとたくさんのアンケートがあるのですが、ごく一部しかご紹介できないのが少し残念です。でも、その方たちも含めて、本当にみなさん「良い気づき」を自らされている方が多く、午前の講習の話ともつながるのですが向学心の高い方が多かったんだな、とあらためて感じました。現状の自分に留まることなく、学び続け・実践し続けることで、専門家としてますます成長していってほしいです。そして私も、みなさんからの刺激を受けて、学び続けていこうと思いました。ありがとうございました。

さて、最後はいつものとおり、今後の予定のご紹介です。

弊社の更新講習は、「短時間で手軽に学べる」「地方開催が多くアクセスしやすい」「1級技能士が企画設計」「受講時間のためではなく実践で役に立つ内容」など、受講される方にとって価値ある講習となるよう、さまざまなメリットを提供しております

また、国家資格キャリアコンサルタントの資格を持っていない方でも、例えばキャリアコンサルティング技能士の方や標準レベルキャリアコンサルタントの方、ソーシャルワーカーなどで就労支援に関わっておられる方、企業の人事・人材育成担当の方、大学等の就職支援部門・キャリアセンターにお勤めの職員の方などもご参加いただけます。より良く生きる・より良く働くための支援に関わるみなさまが、ぜひ互いに学びあう機会にしてくだされば嬉しいです。

『講習内容の詳細が知りたい』『実際に参加してみたい』と思った方は、このすぐ下の右側のボタン、「お申込み・日程確認はこちら」から、弊社主催の講習申込専用ページにてお手続きください。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。一部、参加者の方のご希望により加工を加えております。

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。