合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

3月8日(日)国家資格キャリアコンサルタント更新講習(大阪開催)の様子

約6分

3/8(日)に、大阪・天満橋にて、
「国家資格キャリアコンサルタント更新講習」
~ 面談中にキャリアコンサルタントが迷った時の拠り所と倫理 ~
~ 相談者の思考転換につながる質問力アップトレーニング ~
の2本を開催いたしました。

先月に引き続いての大阪開催となりましたが、この日の朝はあいにくの空模様で雨も風も強く、午前から参加された方は大変だったかと思います。お足元の悪い中でご足労いただきまして、ありがとうございました。午後からはだんだんと青空が広がって、太陽も顔をのぞかせていましたね。綺麗な青空を見ていると、いつかは晴天の日に「青空講習」なんかもやってみたいな、なんて考えもよぎることがあります。

この日の講習は、午前の倫理の講習は少人数で、午後の質問力の講座は3グループほどの賑やかな講習になりました。午前は1人1人に寄り添うように丁寧に、午後はグループを巡回しながら相互学習が多くできるように、それぞれ気を配りつつ進めさせていただきましたが、いかがだったでしょうか。弊社の講習に初めてお越しになる方が多かったからこそ、笑顔が出たりディスカッションが盛り上がる場面を見ると、ホッと胸を撫で下ろしたのを今思い出します。
(ちなみに、今回から「キャリアコンサルタントの倫理」は講習名称が変わっております)

それでは、今回の報告記事でも、当日の講習の要点を振り返っていきます。参加された方は復習のため、そうでない方は次回以降参加を検討される際の参考にしていただけると嬉しいです。

午前中に開催した「キャリアコンサルタントの倫理」では、倫理綱領を使うと事例検討の進み方・深まり方がガラリと変わることを体験していただきました。当たり前のことばかり書かれた倫理綱領ですが、だからこそ「より良い面談とは何か」を考える事例検討や、あるいはご自身が一人で自分の面談を振り返るときにも役に立つ、というお話をしましたね。キャリアコンサルティングは相談者の生き様を支援する仕事だからこそ、基本を疎かにせず、面談で迷ったり困った時こそ、倫理に立ち返ることが「品質管理」につながるという点を何度もお伝えいたしました。

そして、午後の「質問力アップ」の講習では、質問には意図がいることその質問に効果があるのか考えてから口にすることを強調してお伝えしたかと思います。過去の開催報告でも書いたことがありますが、「なんとなく聞く、自分が知りたいから聞く」のは、その時点でもう相談者第一から外れているますよね。「自分が上手な質問をできるか」という自分視点で質問力を磨こうとするのではなく、自分視点からいかに脱却して、どこまで相談者第一を貫いた質問ができるか、そのために相談者理解をどこまで突き詰められるのかという視点から質問を考えて、創ってみる。後半のグループワークでは、そこにこだわって進めさせていただきました。

どちらの講習に参加された方も、今のレベルに留まらず、ご自身がキャリア支援のプロフェッショナルとしてレベルアップしていくことの重要性は、掴み取っていただけたのではないでしょうか。それをぜひ、これからみなさんが職場に戻ってから実施してみてくださいね。「インプットだけで終わらせるのは、学びではないです」ということも少し触れましたが、今回お越しいただいたみなさまであれば、きっとご自身の職場で、今日の学びを上手に広めてくださると期待しています。

それでは、ここからは講習にご参加いただいた方のアンケートをご紹介いたします。
初めて参加された方からも、温かいメッセージをいただいていますので、ぜひご覧ください。

  • 長らく受講していなかったので、キャリコンとしての基本を思い出したかったから参加しました。(弊社の講習は)初めての受講でしたが、わかりやすく初心に帰りました。また受講したいです。
    直筆アンケートを見る
  • 更新講習を探していた際に、タイトルに惹かれました。講習内容が精査されていて、ワークとの直結もありピンポイントで理解できたのでとても満足できました。先生のお人柄、ピンポイントのタイトルが明快なので、周りの方にもぜひ受講を勧めたいです。とてもわかりやすい講座に感謝いたしております。チョコレートや言葉の端々に愛情を感じました。
    直筆アンケートを見る
  • 質問力の大切さ、難しさをあらためて気づけたし、日常生活でも訓練できるというのは発見だったので、キャリアコンサルティングを行なううえでとても役に立つ内容でした。わかりやすい内容・説明で、イメージもしやすかったし、資料の分量も適切でした。
    直筆アンケートを見る
  • 言葉が平易で理解しやすく、実践的でした。午前と午後でうまく頭の中が整理できたので、とても満足できました。初めての講習にこの講習を選んで良かったです
    直筆アンケートを見る

アンケートへのご回答、ありがとうございます。できるだけ、みなさんが働く現場で役に立つ学びになるように、と設計した講習ですので、そのことを実感してくださった様子が伝わってきて、率直に嬉しく思います。なかにはアンケートを「持ち帰って書きます」とおっしゃってくださった方がいるので、また新しい・嬉しい言葉がいただけるのかな、と楽しみにして待っていますね。みなさま、今回のご参加ありがとうございました。

それでは最後に、今後の更新講習の予定をご紹介して、終わりにいたします。

弊社の更新講習は、「短時間で手軽に学べる」「地方開催が多くアクセスしやすい」「1級技能士が企画設計」「受講時間のためではなく実践で役に立つ内容」など、受講される方にとって価値ある講習となるよう、さまざまなメリットを提供しております

また、弊社の講習は国家資格キャリアコンサルタントをお持ちでなくてもご参加いただけます。
例えば国家資格は持ってなくても、キャリアコンサルティング技能士や標準レベルキャリアコンサルタントの資格はある方、ソーシャルワーカーなどで就労支援に関わる方、企業の人事・人材育成担当の方、大学等の就職支援部門・キャリアセンターにお勤めの職員の方など、キャリア支援に携わる方は国家資格保持者に限らずたくさんおられるはずです。

『講習内容の詳細が知りたい』『実際に参加してみたい』と思った方は、このすぐ下のオレンジ色のボタン、「お申込み・日程確認はこちら」から、弊社主催の講習申込専用ページにてお手続きください。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。
参加された方のご希望により、一部お顔が映らないような角度からの撮影をしております。

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。