合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

3月22日(日)国家資格キャリアコンサルタント更新講習(金沢開催)の様子

約5分

3/22(日)に、金沢市内にて、
「国家資格キャリアコンサルタント更新講習」
~ 面談中にキャリアコンサルタントが迷った時の拠り所と倫理 ~
~ 相談者の思考転換につながる質問力アップトレーニング ~
の2本を開催いたしました。

今年度最後の更新講習は、年間スケジュール立案時から決めていた金沢での開催となりました。
寒い冬の時期を超え、ようやく温かくなった北陸のみなさまに、ホットな学びをお届けしつつ、私自身も温泉地でホッとできればいいなと、そんな風に考えながらこの日を迎えました。
当日は例によって換気徹底のために窓を開け放ったままの講習となり、寒い思いをさせてしまうこともございました。ご不便をおかけして申し訳ございません。ただ、それでも一所懸命に学ぼうとたくさんメモを取る様子を拝見して、寒さに負けないみなさんの熱意に、私自身が励まされたのを覚えています。

今回の金沢講習もこれまで同様に、「キャリアコンサルタントの倫理」と「質問力アップ」のダブルヘッダーでの開催となりました。当日の参加者の数が少なかったこともあり、随時質問を受け付けながらインタラクティブ(双方向)な学びの場になるように進めてまいりました。「この場面はどうなのか」「こういう時はどう考えればいいか」など細かな質問まで取り上げることができたのは、少人数ならではのメリットでした。

それでは、今回も講習の内容をこの記事上で振り返ってみます。参加された方は復習として、まだ参加されていない方は参加検討の材料としてご覧ください。

午前中の「キャリアコンサルタントの倫理」では、事例検討でも、自分自身で面談を振り返る場面でも、倫理綱領を参照することの効果を重点的にお話ししました。また、職歴が長い・年齢が高い・声が大きいなど、キャリアコンサルティング能力と関係の無い要素によって事例を検討する危険性については、参加された方もよくうなずいておられましたね。ヤマ勘や感覚での良し悪しから卒業しないといけないということを、事例検討の進め方と私からのフィードバックを通して気づいていただいたかと思います。

そして、午後の「質問力アップ」の講習では、質問の意図がポイントでしたね。同じフレーズでも場面によって効果が違うこと、だからこそ「なぜこのタイミングで、この相談者に、この言葉なのか」がきちんと説明できないといけないことなどを強調してお伝えしました。後半の質問を創るワークでは、ステップを踏んで質問の作り方を学んでいただきましたが、最後まで到達したときに「情報収集型」の質問を見直す意義は実感していただけたかと思います。質問ひとつとっても、相談者第一を徹底していきましょう

それでは、ここからは講習に参加された方の感想をご紹介します。
たくさんのコメントを書いてくださいましたので、ぜひご覧ください。

  • 倫理綱領のどこに基づいているのかという視点で考えれば客観的に見ることができる、という発見があり、それだけでも受講してよかったと思います。(自分自身が)会社側の立場で支援をしていたことに気づくことができました。
    直筆アンケートを見る
  • 迷った時、困った時に立ち戻る倫理綱領は思ったより単純でシンプルで、使いやすいものだと知ることができました。普段の自身の面談を振り返りながら、問題点や課題を見つけ、今後どうすれば良いかの方向性を明らかにすることができました
    直筆アンケートを見る
  • 面談中、上手く問いかけられない/何と聞けば良いか、と悩むことがあるので、相談者の気付きにつながる、きっかけになる投げかけを学びたいと思ったため参加しました。日々の業務にすぐに役立ちそうで、とても役に立つ内容でした。先生の楽しいお人柄のおかげで、楽しく学ぶことができました。ありがとうございました。
    直筆アンケートを見る
  • 自分の中だけでは考えられない思考の転換や感情の受容の(ための)投げかける視点・ポイントを学ぶことができました。質問にも質があり、意図を持って質問し、その効果を見る。また、(言葉を)投げるのではなく”置いて相手の要するを観察する”事の大切さはすぐに活かせると思いました。
    直筆アンケートを見る

アンケートへのご回答、ありがとうございます。普段、業務に追われているとなかなか気づくことのできない「キャリアコンサルタントとしての姿勢」について、あらためて考えてくださった様子がわかります。質問力についても「質問フレーズの習得ではなく、ご自身の”能力”を伸ばす」という観点からの講習でしたが、しっかりとその意図をくみ取ってくださってありがとうございます。
また夏には、北陸3県それぞれの講習開催もございますので、ぜひお会いできると嬉しいです。

それでは最後に、今後の更新講習の予定をご紹介して、終わりにいたします。

弊社の更新講習は、「短時間で手軽に学べる」「地方開催が多くアクセスしやすい」「1級技能士が企画設計」「受講時間のためではなく実践で役に立つ内容」など、受講される方にとって価値ある講習となるよう、さまざまなメリットを提供しております

また、弊社の講習は国家資格キャリアコンサルタントをお持ちでなくてもご参加いただけます。
例えば国家資格は持ってなくても、キャリアコンサルティング技能士や標準レベルキャリアコンサルタントの資格はある方、ソーシャルワーカーなどで就労支援に関わる方、企業の人事・人材育成担当の方、大学等の就職支援部門・キャリアセンターにお勤めの職員の方など、キャリア支援に携わる方は国家資格保持者に限らずたくさんおられるはずです。

『講習内容の詳細が知りたい』『実際に参加してみたい』と思った方は、このすぐ下のオレンジ色のボタン、「お申込み・日程確認はこちら」から、弊社主催の講習申込専用ページにてお手続きください。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。