合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

7月26日(日)国家資格キャリアコンサルタント更新講習(web開催)の様子

約6分

7/26(日)に、web会議システム・ZOOMを利用して、
「国家資格キャリアコンサルタントweb更新講習」
~ 相談者の思考転換につながる質問力アップトレーニング ~
~ 相談者を取り巻く環境への理解を事例とディスカッションを通じて深める ~
の2本を開催いたしました。

コロナ禍がなかなか収束の兆しを見せない中で、画面越しとはいえ
全国のキャリアコンサルタントのみなさまに学びの機会を提供できることは、
わたしたちにとっても大きな経験になっています。
日曜日の貴重な時間をいただいてご参加いただき、ありがとうございます。

毎回人気の「質問力アップ」の講習は、キャンセル待ちが続出しており、期待の高さを実感しております。
これからも、講座運営の形式に工夫を重ねつつ、
多くの方々にキャリアコンサルタントとして成長できる場をお届けしてまいります。

キャリアコンサルタントのみなさんは基本的にまじめで一所懸命に学ばれるので、
少しでも笑顔が増えるように、小道具などを使いながら楽しさの中にも重要なことを織り交ぜて、
硬軟のバランスを意識しながらお話しさせていただきました。
後日のレポートで、どんなことが気づき・発見になったのか、お伺いできることを楽しみにしています。

それでは、今回もこの記事上で講習内容を簡単に振り返ってみます。
参加された方は復習として、まだ参加されていない方は参加検討の材料としてご覧ください。

午前中の「質問力アップ」の講習では、情報収集型の質問が多いと面談で手詰まりしやすいというお話から入りました。
質問の仕方・目的について考えていただくと、情報収集型の質問が抱える欠点に気づいていただけたかと思います。

質問を創っていくワークでは、ライブ講習の時よりもゆっくりと、一歩一歩踏みしめるように進めていきましたが、
各ワーク後の振り返りで行なった私のコメントで、何を聴くかではなく、どこまで相談者視点を徹底して質問を創れるか
力を入れていたことを思い出してください。

キャリアコンサルタントが聞きたいことを一方的に聞くのは簡単ですが、
それが相談者の聴かれたいことなのか、を質問ごとにきちんと考えて発することができて、
初めて専門家と言えるということを覚えておいて欲しいです。
何となく・感覚で質問する、というのは今日限りで卒業しましょうね。

そして、午後の「相談者を取り巻く環境」では、環境に注目することで着眼点が何十倍にも増える
ということからお話いたしました。

講習の最中には、生々しい事例なども取り上げましたが、
要所要所で念押しをしていたのは相談者の言ったことだけ(言語的に)理解するのではなく、
言わんとしていることを汲み取ってこそ、本物の相談者理解になる
ということでしたね。

グループディスカッションの「仕掛け」を経験したあとは、
「同じことを言っているはずなのに、相談者の言わんとしていることが全然違ってくる」という経験をしていただいたので、
「言わんとしていることの大事さ」への実感もあるのではないでしょうか。
相談者が生きている日常をありありと思い描ける、そんなキャリアコンサルタントになってくださると嬉しいです。

そして、今回ご参加いただいた方は、この更新講習での学びをこれからどんどん活用してください。
今日の学びを一時の満足で終わらせず、ご自身の技量として身に付けるためには、
話を聴いてディスカッションして、ああ良かったなで済ませるのではなく、
学んだことは必ず使うということを、心掛けてくださいね。
みなさんの成長できた話をお伺いするできることを、楽しみにしています。

さて、それではここからは、参加されたみなさまのアンケートをご紹介いたします。
参加されたみなさまから、順次お送りいただいておりますが、
“他の人が何に気づいたか”も一つの学習になりますので、ぜひご一読ください。

相談者と周囲との関係性について、どのような着眼点があり、そこにどうフォーカスしていくのかがわかりやすかったです。机上の空論ではなく、「こういう関わり方があるのか」と具体的にイメージできる内容でありがたかったです。要所要所でのお声がけや終了後にいただいたアドバイスなど、とてもありがたく・嬉しかったです。ゆくゆくは、技能講習を全てこちらで受講できるようになると、大変心強いです。
直筆アンケートを見る

ZOOMの講習ということもあり、一方通行のようなことを考えていましたが、たいへんわかりやすく、変化のある、楽しくわかりやすく、そして何より新しい視点を持てたことが良かったです。
今まではJCDAの講習会しか出たことがありませんでしたが、機会がありましたらぜひ参加したいと思います。
直筆アンケートを見る

受講者が自身の課題に対して前向きに学べるよう、さまざまご配慮いただきありがとうございました。サポートの方が常時見守っていてくださったのも、とても安心感がありました。実務に役立つ内容で、講師の理論がとてもわかりやすかったこと、また楽しみながら学べるような進め方で充実した講習だから、ぜひ周りの方にも受講を勧めたいです。
直筆アンケートを見る

あっという間の時間でした。解説もわかりやすく体感できました。質問を創るステップについてが特に面白く、実践したいと思いました。実際に自身の課題に対して気付きが合ったので、実務でもとても役に立つ内容でした。
直筆アンケートを見る

八阪先生の口座に初めて参加することもあり、大変緊張して当日を迎えました。が、鳥越苦労で、非常に温かく迎えていただき、身近な童話からも学びが得られること、大切にすべき点などがスッと入ってきました。今回はweb講座でしたが、ライブでも受講したい!そう感じました。今後ともよろしくお願いします。
テキストを送ってくださる際に同封されていた、手書きの”一緒に頑張りましょう”のメッセージがとても嬉しかったです。
直筆アンケートを見る

それでは最後に、今後の更新講習の予定をご紹介して、終わりにいたします。
弊社の更新講習は、
「短時間で手軽に学べる」「地方開催が多くアクセスしやすい」「1級技能士が企画設計」「受講時間のためではなく実践で役に立つ内容」など、受講される方にとって価値ある講習となるよう、さまざまなメリットを提供しております

また、弊社の講習は国家資格キャリアコンサルタントをお持ちでなくてもご参加いただけます。
例えば国家資格は持ってなくても、キャリアコンサルティング技能士や標準レベルキャリアコンサルタントの資格はある方、ソーシャルワーカーなどで就労支援に関わる方、企業の人事・人材育成担当の方、大学等の就職支援部門・キャリアセンターにお勤めの職員の方など、キャリア支援に携わる方は国家資格保持者に限らずたくさんおられるはずです。

2020年度は、時限的措置ではありますが、厚生労働省からweb形式での更新講習の実施も認められており、
弊社もできるだけweb開催の回数を充実させるべく、準備を進めております。
この記事をお読みの方にも、ぜひお会いしたいと思っておりますので、お気軽にご参加ください。

『講習内容の詳細が知りたい』『実際に参加してみたい』と思った方は、このすぐ下のオレンジ色のボタン、「お申込み・日程確認はこちら」から、弊社主催の講習申込専用ページにてお手続きください。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

(当日の様子)※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。