合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

8月15日(土)キャリアコンサルタントのための”本音で話そう!朝から座談会” 開催ご報告

約4分

8/15(土)午前に、日頃から弊社をご愛顧いただいているみなさま向けに
「キャリアコンサルタントのための”本音で話そう!朝から座談会”」
を開催いたしました。

この企画は、私も何日も前から非常に楽しみにしていたもので、普段の弊社の講習やセミナーとは毛色を変えて、遊びや笑いの要素を強くしたイベントとしてご用意いたしました。

もともと、このキャリアコンサルティング業界は真面目な方が多いせいか、学習会やイベントの類もたいていはお堅いものが多く、純粋に楽しめるものが少ないことに、どこか違和感を覚えていました。そこで、某テレビ番組や人気のyoutubeチャンネルなどを参考に、キャリアコンサルティングの範囲から逸脱しないように配慮しつつも、たまには参加者みんなで笑い飛ばせる時間を創ってみた、というのがこのイベントです。

相手の話を聴き、それに共感し、寄り添って、問題解決のために伴走することが求められるキャリアコンサルタントは、その職業柄、言いたいことをグッと我慢したり、言えないことを抱えたりしてしまいがちです。それが積もり積もって支援者の不全感になってしまうと、結果的に相談者にも良い影響にはなりません。
心の中に溜まっているものを吐き出して、楽になって、「明日また頑張ろう」と思えるための場を創ることは、間接的ながらも”より良い支援”の浸透に役立つはずです。とは言いつつも、実際には「本当にうまくいくのかな」とドキドキしながら今回の初開催を迎えました。

当日は、私も参加者として一緒に楽しみつつ、「より面白いことを言った人が評価される」というルールにしてみたり、「ここでボケて!」というカンペを出してみたりなど、普段の講習やイベントではとても考えられないようなことにもチャレンジしてみました。これがまた良かったようで、今までの学びの場では見られなかった大笑いもあり、驚きもあり、土曜の朝とは思えない盛り上がりぶりでしたね。

参加されたみなさまの表情や感想なども見ていると、イベントの目的も無事に達成されたようで、新企画としては十分良い形で着地できたかなと思っています。週明けからのお気持ちは、少しは晴れやかになったでしょうか?
また近いうちに、2回目も開催できるように準備を進めていきますので、今回参加された方も、この記事を読んでおられるみなさまも、ぜひ楽しみにしていてください。

それでは、ここからは、当日参加されたみなさんのアンケートの一部をご紹介します。

八阪先生の明るくアットホームな雰囲気で気楽にうけることができました。 発言があまり得意ではないのですが、自分自身の苦手克服でも、八阪先生のざっくばらんな座談会は意見がいいやすかったです。 どんな感じかどきどきしましたが、楽しく有意義な時間となりました。次回はボケてもっと本音トークもできたらと思います。

普段は「交流会」といっても堅い内容が多いのですが、今回はリラックスして臨めました。またお題を通じて意見交換もでき、楽しかったです。無料で楽しませていただきました(笑)また参加したいです。地方在住者にとってはweb参加できるのはとても有り難いです。

八阪さんが用意してくださったお題から、参加されたキャリコンのいろんなご意見がうかがえてよかったです。「お題トーク」は研修のアイスブレイクにもよさそうだなと思いました。

初めての企画とのことでしたが、全員が必ず参加できる仕組みを考えられており、よい企画と感じました。また今後もこのような企画をお願いしたいと思います。

他にも「初めての試みだったが刺激的だった」「次回はさらに面白い・楽しめるお題を期待しています」など、本当にイベントの時間を存分に楽しんでくださったことが伝わるメッセージをいただいております。
この企画が無事に良い形で終えられたのは、みなさまのおかげです。本当にありがとうございました。
また、楽しい時間を過ごしましょうね!

さて、今回のイベントのように、わたしたち働く楽しさ研究所では、キャリアコンサルタントのみなさまに向けた楽しいイベントや学びの場を、これからも拡大していきたいと考えております。
「今回の企画と同じものをやってみたい!」というリクエストや、各種のご相談・ご依頼は、
こちらをクリックして弊社HPのお問い合わせページで受付しております。どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

(当日の様子)
※画像をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。一部の方はご希望によりお顔が映らないよう加工をしています。

 

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。