合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

4月22日(木)国家資格キャリアコンサルタント更新講習(web開催)の様子

約6分

4/22(木)の夜間に、web会議システム・ZOOMを利用して、
「国家資格キャリアコンサルタントweb更新講習」
~ 相談者の思考転換につながる質問力アップトレーニング ~
を開催いたしました。

今回は初めての「夜間開催」ということで、どんな形になるのか、いつもとどう変わってくるのか、
開始前はちょっとドキドキしながらPCの前でスタンバイをしていました。
お申込みをされた方の傾向として企業領域の方がいつもより多かったことが印象に残っています。
会社勤めが終わってご自宅に帰られたあとで、もうひと踏ん張り!と頑張って学びに来てくださったのでしょうか。
参加されたみなさま、夜遅くまでお疲れさまでした。そして、ご参加ありがとうございます。

当日の様子を振り返ってみますと、夜間ということもあってか、
普段以上にゆったりと、穏やかな雰囲気の中で学んでおられたのかなと感じます。
この質問力アップの講習は、普段は大笑いする人も現れるような内容なのですが、
この日は大笑いというより、くすっと、あるいはニコニコと笑っている方が多かったですね。
講義パートでも、大きなリアクションというより、しみじみと聴いてくださる様子や
熱心にメモを取っているシーンなどが印象に残っています。

登壇させていただいた私としては、弊社の講習に初めて参加される方がほとんどでしたので、
できるだけ緊張をほぐして、リラックスした状態で学んでいただけるよう、
休憩時間をこまめにとったり、講習の進行ペースを確認しながら進めたり
京都弁全開でお話させていただくなどしましたが、それが少しでもみなさまの「学びやすさ」に繋がっていれば幸いです。

それではここからは、当日学んでいただいた内容を振り返りましょう。
ご参加いただいた方は復習として、まだ参加されていない方は今後の検討材料として、じっくりとお読みください。

~「思考転換につながる質問力アップ」の講習の振り返り~

質問力の基礎となるのは、相手の言いたいこと・聴いてほしいことを想う力

講習の最中でも、まとめでもお話をしていましたが、大事なポイントですのでここでも繰り返しますね。
質問力アップという目的で来られた方は、多くの場合は「どう関わるか」ではなく
「私がどんなフレーズを投げかけるか」という視点になっているのではないでしょうか。
この日、来られたみなさんにもお伺いしてみると、大きくうなずいていましたよね。
自分の課題点・できないところに気付き、それと向き合うという意味では、それは大事なことです。
これを、自分で自分に何か課題があるかも?と気づく「自省」としてお話ししましたね。

そして、同じ”じせい”という発音で、もう一つお伝えしたことがありました。
それが「自制」、すなわちセルフコントロールのことでしたね。
講習の終わりに何人かの方に感想を伺った際に、「これは私(CC側)の思い込みかもしれない」など
ちょっと視点が変わってきていたのを覚えているでしょうか?
私がこう聴きたい、こんな展開にしていきたい、こんな風にCLを変化させたい…。
そんな気持ちが沸き起こってきたときこそ、実は問題だという話でしたね。
ここで私がお伝えしたのが、先ほどの「自制」でした。

自分が言いたいことを言い、聞きたいことを聞くのは、誰でもできるんです。
それってつまり、プロがやることではないんですよね。
自分の欲求を制御できずに、思うがままに進めてしまうから、CLは変化も行動もしてくれない。
でも、それって当たり前ですよね。CC側の独りよがりな進め方なのですから…。

質問力というテーマで講習をしているのですが、お伝えしたのはミラクルフレーズではありませんでした。

それよりも、相手が喜んでくれる、嬉しいと感じてくれる言葉は何だろうか?と
知恵を絞り、相手を気遣う心。その心にこそ、質問力の源泉があります。

ぜひ、普段の生活の中でもそれを実践するようにしてください。
本当に質の高い、そしてCLが安心できるCC像を目指して成長していきましょうね!

さて、ここからは、当日参加された方々の様子がわかるお写真と、受講者アンケートのご紹介をいたします。
ただ、webで開催している講習については、受講者アンケートは修了認定レポートともに、
後日お送りいただくようお願いをしております。

アンケートで分かる生の声は、弊社に到着しましたら順次このページにてご紹介いたします。
みなさま、ぜひお楽しみにお待ちください。

~当日の講習の様子~

※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。

みなさま、ご参加本当にありがとうございました。
こうして振り返ってみると、最初の自分の質問の意図を分類するところから、だんだんと学びを深めていくにつれて
質問力の本質的な部分に気付いていくみなさまの成長の様子を思い出しますね。
参加されたみなさまは、いかがでしょうか?講習前の自分との違いは実感できましたでしょうか?
今回の講習をきっかけに、みなさまがキャリアコンサルタントとして、支援のプロとして、
「今よりもう一歩成長しよう!」と思っていただけたなら幸いです。

~弊社講習のメリットと今後のご案内~

弊社の更新講習は、受講される方にとって価値ある講習となるよう、
特に以下の4つのメリットにこだわって企画・設計・運営をしております。

半日という短時間から参加でき、気軽に学べる

地方開催やweb開催が多く、どこに住んでいても学びの機会を得やすい

全ての講習を1級キャリアコンサルティング技能士が企画設計した、質の高い学びができる

受講後レポートを通した個別指導つきで、現場ですぐに役に立つ技術が身につく

また、弊社の講習は国家資格キャリアコンサルタントをお持ちでなくてもご参加いただけます。
例えば国家資格は持ってなくても、キャリアコンサルティング技能士や標準レベルキャリアコンサルタントの資格はある方、
ソーシャルワーカーなどで就労支援に関わる方、企業の人事・人材育成担当の方、
大学等の就職支援部門・キャリアセンターにお勤めの職員の方など、
キャリア支援に携わる方は国家資格保持者に限らずたくさんおられるはずです。

すでに2021年度開催分の更新講習の募集も6月分まで受付しております
また、厚生労働省から認められていたweb形式での更新講習については、
時限的措置から恒久的に認められる形に移行する計画もありますので、
弊社としても、それに適応できるように準備を進めてまりいます。

この記事をお読みの方にも、ぜひお会いしたいと思っておりますので、お気軽にご参加ください。
『講習内容の詳細が知りたい』『実際に参加してみたい』と思った方は、
このすぐ下のオレンジ色のボタン「お申込み・日程確認はこちら」から、
弊社主催の講習申込専用ページにてお手続きください。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

講習紹介チラシ・FAXお申込み用紙はこちら  お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は同業務の傍ら、弊社代表として中小企業向け研修の企画・開発・登壇と、現場で働くキャリアコンサルタントの指導や育成も行なう。