合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

8月5日(木)国家資格キャリアコンサルタント更新講習(web開催)の様子

約6分

8/5(木)に、web会議システム・ZOOMを利用して、
「国家資格キャリアコンサルタントweb更新講習」
相談者を取り巻く環境への理解を事例とディスカッションを通じて深める
を開催いたしました。

この日の講習は、従来は土日の日中開催を予定していたものを、急遽平日の夜間開催に移動させたため、
参加してくださる人がどれだけいるか、ちょっと心配になりながら当日を迎えました。
実際には、2グループ8名のお申込みがあり、少人数ではありますが、その分いつも以上に丁寧にお話できたかなと思います。
少人数だと、個別の質問・相談もしやすいことが利点で、講習後も熱心に質問をしてくださる方がおられました。
平日夜にも関わらず、参加された方々の熱意が画面越しでも伝わってくる、そんな3時間になりました。
みなさま、今回も夜遅くまでお疲れさまでした。

当日の様子を振り返ってみますと、4つしかない弊社の中でも一番難しい内容になりますので、
みなさんがグループワークのたびに悩んでおられたのが印象的でした。
相談者のことを「わかったつもりになっていたかも」などの言葉も出てくるなど、
悩みながらもご自身のキャリアコンサルティングを見直すことに、誠実に取り組んでいらっしゃる様子が伝わってきました。

「今の自分で大丈夫だ、できている」と驕ることなく、「まだまだ面談技術を磨かないといけない」と
誠実に謙虚にいられる姿勢こそ、キャリアコンサルタントの基本
ですから、
単にグループワークでうまくできた/できなかったで良し悪しを判断せずに、自分のことを誠実に見つめられること。
それは、支援職としての基本的資質が備わっていることだ、と前向きに捉えて欲しいです。

さて、ここからは、当日学んでいただいた内容を振り返りましょう。
ご参加いただいた方は復習として、まだ参加されていない方は今後の検討材料として、じっくりとお読みください。

~「相談者を取り巻く環境理解」の講習の振り返り~

相談者は自分の困っていることを全部クリアに説明しているわけではない。

この講習で、幾度となく強調してお伝えしたのはこの点でした。
みなさんも、自分の身に置き換えていただければわかるかと思います。
困っているとき、悩んでいるとき、すらすらとその悩みの内容を説明できるでしょうか?
上手く言えなかったり、同じことを繰り返したりしませんか?

そして、さらに大事なことがありましたよね。

人はそもそも、信頼できる相手でなければ、自分のことを全部話そうと思わない。

だからこそ、相談者が話してくれたことが相談内容のすべてなのか?
本当は言いたいけど言えない、言いたくないことが含まれているのではないか?と考えながら聴く力が必要になります。
相談者の言ったことだけを拾うのは、キャリアコンサルタントの初歩の初歩でしかない、ということもお伝えしましたね。

一から十まで全部説明しないとわかってくれないキャリアコンサルタントと、
自分が伝えたいことをしっかり汲み取って、言わずともわかってくれるキャリアコンサルタントと、
どちらが相談者が信頼してくださるでしょうか?
信頼関係構築の技術として、考えながら聴く力・言わんとしていることを汲み取る力は、
キャリアコンサルタントとしてレベルアップするためには欠かせないものです。

もちろん、勝手に決めつけてしまうのはNGですが、
だからと言って「言ってくれるまで何もわからない」というレベルに留まるのではなく、
どこで困っていそうか?悩んでいそうか?を考えられるキャリアコンサルタントになりましょう。

今回の事例検討(後半)では、配偶者との関係性は良好だけれども、転居を伴う転勤の話が出た、というケースでしたね。
配偶者との関係性が良いならば、転居・転勤の話はすでに相談しているか、
仮にまだであったとしても、これから相談することに障害は少ない、ということは予見できます。

では、それにも関わらず、わざわざキャリアコンサルタントのところに相談に来るのはなぜでしょう?
わかって欲しいこと・汲み取って欲しい気持ちは何でしょう?
配偶者の方には話せない・相談できない何かを抱えているのだろうか…そこに想いを馳せられるようになってください。

相談者の言わんとしていることを考え、汲み取る力。
これは非常に難しい技術であり、訓練も必要です。だからこそ、学び続けていきましょう。
今回参加してくださったみなさんには、現状に満足せず、そして今までのやり方に安住せず、
もっともっと、自分の技量向上に励んでいってほしい
と願っています。

さて、ここからは、当日参加された方々の様子がわかるお写真と、受講者アンケートのご紹介をいたします。
ただ、webで開催している講習については、受講者アンケートは修了認定レポートともに、
後日お送りいただくようお願いをしております。

アンケートで分かる生の声は、弊社に到着しましたら順次このページにてご紹介いたします。
みなさま、ぜひお楽しみにお待ちください。

~当日の講習の様子~

※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。一部、参加された方のご希望により、お顔が映らないように加工しています。

あらためて、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
できるだけニコニコ笑顔のシーンをピックアップさせていただきました。
実際には、悩んだり頭を抱えるシーンもありましたよね。
リラックスしながら、楽しみながらも、キャリアコンサルティングの難しさを味わうことができたなら、
私としてもそれが一番いい学び方だと思っています。
また近いうちに、みなさまとお会いできることを楽しみにしていますね。
ぜひまた学びに・鍛えに来てください。お待ちしております。

~弊社講習のメリットと今後のご案内~

弊社の更新講習は、受講される方にとって価値ある講習となるよう、
特に以下の4つのメリットにこだわって企画・設計・運営をしております。

半日という短時間から参加でき、気軽に学べる

地方開催やweb開催が多く、どこに住んでいても学びの機会を得やすい

全ての講習を1級キャリアコンサルティング技能士が企画設計した、質の高い学びができる

受講後レポートを通した個別指導つきで、現場ですぐに役に立つ技術が身につく

また、弊社の講習は国家資格キャリアコンサルタントをお持ちでなくてもご参加いただけます。
例えば国家資格は持ってなくても、キャリアコンサルティング技能士や標準レベルキャリアコンサルタントの資格はある方、
ソーシャルワーカーなどで就労支援に関わる方、企業の人事・人材育成担当の方、
大学等の就職支援部門・キャリアセンターにお勤めの職員の方など、
キャリア支援に携わる方は国家資格保持者に限らずたくさんおられるはずです。

すでに2021年度開催分の更新講習の募集も12月分まで受付しております
また、現在厚生労働省に新しいテーマでの更新講習(2本)も申請しております。
承認が得られれば10月以降に開催を予定しておりますので、そちらも楽しみにしていてください。

この記事をお読みの方にも、ぜひお会いしたいと思っておりますので、お気軽にご参加ください。
『講習内容の詳細が知りたい』『実際に参加してみたい』と思った方は、
すぐ下のオレンジ色のボタン「お申込み・日程確認はこちら」から、弊社主催の講習申込専用ページにてお手続きください。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は1級キャリアコンサルティング技能士として、2級・標準レベルのキャリアコンサルタント向けの個別指導・スーパービジョンや、国家資格キャリアコンサルタント更新講習・技能検定対策講座などを通して、支援の現場で働くキャリアコンサルタントのレベルアップにつながる指導・支援を行なっている。「本質・本気・本物」をモットーに、相談者第一がとことん徹底できるキャリアコンサルタントが指導のベースである。