合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

9月9日(木)国家資格キャリアコンサルタント更新講習(web開催)の様子

約6分

9/9(木)に、web会議システム・ZOOMを利用して、
「国家資格キャリアコンサルタントweb更新講習」
面談中にキャリアコンサルタントが迷った時の拠り所と倫理
を開催いたしました。

この日は、これまで夜間開催をしたことがなかった「CCの倫理と拠り所」の講習でした。
土日開催の際にはわりと少人数になることが多いので、
果たして夜間講座でどれほど来てくださるのかな、と、始まるまではとても心配していました。
結果として当日は、2グループ6名方にお越しいただきました。
こぢんまりとした講座でしたが、その分一人一人のお顔もわかり、ご意見も聞きやすく、
落ち着いて進めることができて良かったなと思っています。
みなさま、ウィークデーの夜間というお疲れの状況の中で、夜遅くまで一緒に学んでいただいてありがとうございます。

今回特に印象的だったのは、2つの事例検討の際に、
ディスカッションの本題や講習の意図から逸れるシーンが全然なかったことでした。
おかげですごく深いレベルまでフィードバックをする時間・余裕が生まれ、大変ありがたかったです。
「参加者のみなさんの力で、良い学びの場は創られていく」ということを、強く感じることができた3時間でした。
CLのお話を聴いて、そのCLにとってのBetterにつながるお話をしていくことがCCには求められますから、
基本的なことですけれども、本題や意図から逸れずに話を展開できる、という力はぜひ身に付けておきたいですよね。
この日に参加いただいたみなさまは、それがきっと備わっているんだろうな、と、今感じております。大切にしましょうね。

さて、ここからは、当日学んでいただいた内容を振り返りましょう。
ご参加いただいた方は復習として、まだ参加されていない方は今後の検討材料として、じっくりとお読みください。

~「CCが迷った時の拠り所と倫理」の講習の振り返り~

自分で自分のアウトプットの品質を管理していないのは、プロとは言えない。

今回の講習で、一番大きなメッセージとしてお伝えしたのはここでしたね。
参加されたみなさんも、他業種の例とキャリアコンサルティング業界の例を対比しながら、
プロとアマチュアの違いについて、
あるいはアマチュアレベルのアウトプットを出す危うさについて、
よくよく噛みしめて聴いておられたことと思います。
中には、実際に見聞きしたことがあるような、良くないCCの対応・考え方にも気付いたのではないでしょうか。

キャリアコンサルティングの現場では、多くの場合、CLはCCを選ぶことができません。
大学やハローワーク、人材会社などでも、たまたま担当になったから話し始めているだけ、という状態ですよね。
そして、仮に指名制度等があったとしても、CLが「どのCCが本当に良い面談ができるのか」を選べるだけの
情報と知識を持っているケースは、非常にまれなことです。

では、その「偶然出会ったCCが『自分はできている・自分に問題なんてない』などと考えて、
ろくに振り返りも改善もしていないとしたら…どうでしょうか。

それはすなわち、品質をまともに管理していないアウトプットが、世に出てしまうということです。

その状態で、本当にCLの前に出て、CLの人生が変わるかもしれないという重要な局面に関わって良いのでしょうか?
この日の講習で学んでくださった方なら、もうお分かりかと思います。

相談者にとってのより良い支援を実現するためには、まずは何よりもCCが自分自身を真摯に・謙虚に振り返ること。
そして、CCが支援者として働くうえで出会うさまざまな問題の解決のためには、
先ず何よりも自分の品質をしっかり管理し、技量の向上のための努力をきちんとすることです。
ぜひ、そんな志をもったCCとして、これからも現場で頑張って欲しいと思っています。

さて、ここからは、当日参加された方々の様子がわかるお写真と、受講者アンケートのご紹介をいたします。
ただ、webで開催している講習については、受講者アンケートは修了認定レポートともに、
後日お送りいただくようお願いをしております。

アンケートで分かる生の声は、弊社に到着しましたら順次このページにてご紹介いたします。
みなさま、ぜひお楽しみにお待ちください。

~当日の講習の様子~

※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。一部、参加された方のご希望により、お顔が映らないように加工しています。

あらためて、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
良い笑顔をされているシーンが多くて、みなさんが楽しみながら学んでくださったことが、画像からも伝わってきますね。
学びは、リラックスして・楽しんで行なうのが一番身につく、というのが私の信条ですので、
みなさんがそうしてくださったことがわかって嬉しいです。
またぜひ、お越しくださいませ。ありがとうございました。

~弊社講習のメリットと今後のご案内~

弊社の更新講習は、受講される方にとって価値ある講習となるよう、
特に以下の4つのメリットにこだわって企画・設計・運営をしております。

半日という短時間から参加でき、気軽に学べる

地方開催やweb開催が多く、どこに住んでいても学びの機会を得やすい

全ての講習を1級キャリアコンサルティング技能士が企画設計した、質の高い学びができる

受講後レポートを通した個別指導つきで、現場ですぐに役に立つ技術が身につく

また、弊社の講習は国家資格キャリアコンサルタントをお持ちでなくてもご参加いただけます。
例えば国家資格は持ってなくても、キャリアコンサルティング技能士や標準レベルキャリアコンサルタントの資格はある方、
ソーシャルワーカーなどで就労支援に関わる方、企業の人事・人材育成担当の方、
大学等の就職支援部門・キャリアセンターにお勤めの職員の方など、
キャリア支援に携わる方は国家資格保持者に限らずたくさんおられるはずです。

すでに2021年度開催分の更新講習の募集も12月分まで受付しております
また、現在厚生労働省に新しいテーマでの更新講習も申請しております。
承認が得られれば10月以降に開催を予定しておりますので、そちらも楽しみにしていてください。

この記事をお読みの方にも、ぜひお会いしたいと思っておりますので、お気軽にご参加ください。
『講習内容の詳細が知りたい』『実際に参加してみたい』と思った方は、
すぐ下のオレンジ色のボタン「お申込み・日程確認はこちら」から、弊社主催の講習申込専用ページにてお手続きください。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

お問合せはこちら お申込み・日程確認はこちら

執筆者

働く楽しさ研究所代表八阪 義浩
・国家検定1級キャリアコンサルティング技能士
・産業カウンセラー
・日本キャリアデザイン学会会員

立命館大学卒業後、大手百貨店、人事コンサルティング会社、大手精密機器メーカーの人事部門および生産管理部門を経て、キャリアコンサルタントの世界へ。若者サポートステーションでのニート・フリーター、障がい者の就職支援、京都・大阪の総合大学のキャリアセンターにて、就職困難層を中心とした大学生支援に携わる。キャリアセンターの新規立ち上げ、就職困難層向け支援の仕組みづくり、大学生への個別キャリア相談(年間約700件)、セミナー企画運営などを経験。
現在は1級キャリアコンサルティング技能士として、2級・標準レベルのキャリアコンサルタント向けの個別指導・スーパービジョンや、国家資格キャリアコンサルタント更新講習・技能検定対策講座などを通して、支援の現場で働くキャリアコンサルタントのレベルアップにつながる指導・支援を行なっている。「本質・本気・本物」をモットーに、相談者第一がとことん徹底できるキャリアコンサルタントが指導のベースである。