合同会社働く楽しさ研究所

働くコトを、もっと楽しいコトへ。

9月11日(土)1級・2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座(web開催)の様子

約10分

9/11(土)の午前・午後に、ZOOMを用いたweb形式にて、
「1級・2級キャリアコンサルティング技能検定対策講座」(面接準備編)
を開催いたしました。

お疲れ様でございます。サポーターの木上(きがみ)です。
先日、2級キャリアコンサルティング技能士の合格発表がありました。受検された方、結果はいかがでしたか?
「今度こそ!」とリベンジを決意される方、「次は技能士だ!」とステップアップを狙う方もおられるかと思います。
かく言う私も1級チャレンジャーです。これから申し込むところですのでお互い頑張っていきましょう!

そんな節目となる時期だからか、熱心な姿勢で学ばれる方が多く運営サイドとしても脱帽でございました。
1級・2級の講座ともに『試験官がどんな所を見ているのか』『どんなポイントを押さえれば良いのか』を学ぼうと
ご参加いただいた方が多くいらっしゃったようです。

そして、沢山の試験対策講座がある中から弊社の講座をお選びいただいたみなさま、本当にありがとうございました。
これからも結果に繋がる学びを提供できるよう尽力いたしますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

それではここからは、私と一緒に、講師から教わったことを振り返ってみましょう。
ご参加いただいた方は復習として、まだ参加されていない方は今後の検討材料として、ぜひゆっくりとお読みください。

1級CC技能検定対策講座 面接準備編の振り返り

講師曰く『”あなたから指導を受けたい”と言われる堅い信頼関係の構築を目指してください』

事例相談者から「この人となら一緒にやっていけそうだ」と思ってもらえることが大事であるとのことでした。

これは一般の方と行うキャリア相談の現場で、CCとして求められる事と同じであると気づかされます。
つまり『課題にぶつかり相談に訪れる人』と『話を聞いて助言をする人』という関係性は
1級CCと事例相談者の間柄も同種のものだと言えます。

そして、相手がいくら同業者(CC)だと言っても、困っている人と助言する人という本質は同じですから
受容・傾聴・共感的理解など、基礎となる関わり方が前提となります。
そうすることで、事例相談者にとって『頼りになる』『安心して話せる』と感じてもらえる関係を構築します。

もし、それができていないと事例相談者は…
「この1級CCは、現場でも傾聴をしてなかっただろうな」と感じてしまうかもしれません。
相手は同業者だけあってシビアな目線で見られますので、そうなると何を言っても説得力がありません。

講師が講座の中で『来談者中心療法を指導場面に活かしましょう』と言っていたように
指導する立場だからこそ、1人のCCとして基本に忠実に『相談者第一』の姿勢を事例相談者にも貫く。
その姿勢を見せることが良い手本となるでしょう。

講師曰く『CCの一言で他人の人生が変わるかもしれない。だからこそ品質管理が必要なのではないでしょうか?

講座にあった『レモン市場の例え話』のように、キャリアコンサルティング業界は未成熟ですので
外から見てもCCの優劣や違いが分かりづらいのが現状です。

そんなCCは陰ながらの努力として『自己研鑽』を続けているのですが、それは資格の更新講習だけではありません。
相談の場面でのクセや思い込みが出ていたり、古い常識に則った相談を行ってしまうことがあります。
それらを客観的に見直し、磨き上げることができるのが『1級CCによるSV』です。

料理人に例えると『料理が商品』であるように、CCの商品は『会話・知識』ですから
今よりもっと良い商品をお客さんに提供し、喜んでもらえるよう品質管理を徹底する。

この品質管理はレモン市場を脱却するためのカギとなります。
そして、相談を依頼してきたCCが『本物』となれるように1級CCは指導者として品質管理の機会を提供する。

これから1級を目指す身としても、自らの品質を管理する意識を持っておくことは
今後の指導に役立てられるのではいかとと考えます。

2級CC技能検定対策講座 面接準備編の振り返り

講師曰く『用意した筋書き通りに”これを言えばいいだろう”と決めつけていませんか?』

試験対策だという意識が働き過ぎて、色々な情報を仕入れているかと思います。
合格には多大な時間と労力を費やすので、
どうしても『こうすれば受かる!』といったテクニカルな手法が魅力的に映ります。
それらの手法が間違っているとは思いません。それで合格を勝ち取った人が居るのも確かです。
ただ、そんな攻略法があるなら受検者全員がそれを実行して合格しているはずです。
それはもはや、試験といえるものではありません。

そして、今回の講座の内容は『相談者の期待に応えるプロとしての学び』という原則論でした。
原則論というと回りくどいイメージを持たれがちですが、原則論に徹しているのには理由があります。

実際のところ、試験に合格する人は熟練CCとしての原則を押さえているからです。

・相談者の質問にトコトン応えつつ、違和感や課題も把握しておく。
・相談者の言葉だけでなく表情や細かな動きに目を配り、リアクションを観察する。
・相談者の何を求めるものが何かを考えて質問を投げかけ、気づきの促し役となる。
・上記の一つ一つに意図と根拠をもって応答する。

正解が数学のように1つなら、決まった方程式を適用すれば合格となりますが
キャリアコンサルティングにおいての正解は相談者ごとに存在し、更にその人の『期待』という無形物です。
しかも、相談者の気分やCCとのキャッチボールによって流動的に変化します。
そんな一定ではない流れの中で溺れないために、原則という泳ぎ方が必要
となるということです。

つまり『相談者の期待に応えるプロ』としての相談ができていると認められることを目指す。
それが合格を勝ち取ることに繋がります。

講師曰く『”相談者のためにきちんと面談できる人”に合格して欲しい

キャリアコンサルティング業界は発展途上であり、まだ知名度も高くありません。
これからCCが増えていくにつれて、CCの価値が社会に問われる機会は増えていくでしょう。
そんな時、社会の役に立つ必要な存在だと認めてもらえるでしょうか?
社会にどう認知されるかは、八阪講師や私も含めCCとして働いている全ての人にかかっています。
(下世話かもしれませんが、ひとつの職業として充分な対価を頂けるかというターニングポイントでもあります)

キャリアコンサルティングは『人生を左右するかもしれない選択に関わる』という重大な責任があります。
そんな責任を自覚し、相談者のためにきちんと面談できる人に合格して欲しいと講師はコメントしていました。

働く環境が常に変化し続けている中で、これからも沢山の人に転機は訪れるでしょう。
そんな転機に直面している相談者が納得できる面談が実施できるかが求められていると考えます。
CCは相談者自らがキャリアプランを描くために関係構築を基礎として、質問を駆使し、相談者の自己決定を支援する。

相談者は多くの場合どこかしらボタンを掛け違えている状態で訪れますが、
その掛け違いに対してどうアプローチについても、説得や指摘では『やらされる』と感じてしまう可能性が高いです。
その一方で、自分で決めたことは『やる』とモチベーションも高くなります。

相談者の自己決定による課題解決がキャリアコンサルティングのゴールですから
CCは必勝の策を授けたり、ピンチに駆けつけるヒーローではありません

表立って称賛されることは少ないのが自然だとも言えます。
少し寂しくもありますが、でもそれがCCの役割をうまく果たしている姿なのかもしれません。

相談者のためにきちんと面談した結果「この人となら一緒にやっていけそうだ」と思ってもらえること。
これを目指して自己研鑽すれば、社会にとって役に立つ存在になれるのではないでしょうか?

それではここから、今回の講座にご参加いただいた方のアンケート内容をご紹介します。
当日ご参加いただいた方は、他の方の意見からもぜひ学びを深めてみてください。

受講者アンケート(一部抜粋)

1級を目指すにあたり、面談試験では理論を踏まえて説明などしていく必要があると、これまで思っており、現場での相談業務と違うのでは?と感じていたので、今回受講したことにより、理論で指示的な指導よりも受容ベースで進めていく必要があると教えていただいたので、普段から業務の中で意識してきたことが、そのまま活かせると思いとても安心しました。今回の内容は検定試験でそのまま活用できる内容だと思いました。

面談の基本を学びなおすという参加目的を達成することができました。 3つのワナは試験時のロープレだけではなく、普段の面談でも陥りがちな内容なので、改めて自分自身に問いかけ、どうあるべきか考える機会を頂けたと思います。八阪さんの「困ったキャリコンを作らない」という信念のようなものを強く感じました。そこに大変共感しました。

複数の先生から面接試験対策を受講しているが、先生によって言われることが異なり少し困惑しておりました(本日まで)。しかし、本日の講義を聴いてクリアになりました。試験対策、試験対策で頭が一杯だった私自身に、「相談者第一」が一番大切であることを改めて気づかせて頂き、今からあらゆる場面で実践したいと心から思えましたので、八阪先生のもとでロープレもやってみたいと思っております。

今まで都市伝説として、「システマティックアプローチの最後までいかないと合格しない」「事例相談者は、3回改善点を指導しないと扉を開けない」というようなことを聞き、前者については、信じていました。そうでなくて、事例相談者の相談に来る状態がさまざまであることを考えると、関係構築→問題把握→目標設定→方策の提案→具体的展開のすべてを30分の中で実施することが必須条件である、という考え方はおかしいと気が付いたからです。

当日の講座の様子

※クリックすると、大きな画像でご覧いただけます。一部、参加者の希望によりお顔やお姿が映らないように加工しております。

みなさま、アンケートへのご協力をいただきまして、ありがとうございます。
まだ全員分は揃っていないのですが、一部をご紹介するだけでも、講座の様子は伝わってくるのではないでしょうか。
この記事を読んでくださっている方が、「参加したいな」「面白そうだな」と感じてくだされば嬉しいです。
そして、実際に参加いただいた方は、ぜひ今日の学びを「落とし込む」まで、復習をして欲しいですね。
次にお会いした時に、みなさんがまた一段と成長されていることを楽しみにしております。
それでは、またお会いしましょう。

~今後のスケジュールのご案内~

弊社では、2021年度下期の技能検定対策講座を従来より1か月前倒しし、8月から開催しております。
今期は、試験合格に絶対外せない視点・考え方を学ぶ「面接準備編(旧称:基礎知識編)」と、
個別指導付きのロールプレイを経験できる「面接指導編」の2本建てでお届けします。

1級・2級それぞれに、試験直前までコマ数を充実させておりますので、
合格に向けて着実にレベルアップしていきましょう。

コロナ禍による緊急事態宣言が続く中で、集合形式での講座ができないことは寂しい事ですが
画面越しでもみなさまに学びの機会をお届けできることは、弊社としても嬉しいことだと思っております。
人気の日程は早くもお席が埋まり始めておりますので、参加をご希望の方は、どうぞお早めにお申し込みください。

なお、今後の開催日程・参加申込は、以下の各ボタンをクリックしていただき、
外部の講座・イベント予約サイト(こくちーず)にてお申込みいただけます。
この記事をご覧のみなさまとお会いできることを、楽しみにしています。

1級 準備編
web開催の詳細・申込
 1級 指導編編
web開催の詳細・申込

2級 準備編
web開催の詳細・申込
 2級 指導編編
web開催の詳細・申込

ボタンをクリックすると、その講座の直近の開催日の申込ページが表示されますが、下にスクロールしていただくと別日程を選べる箇所がございます。

執筆者

木上 和裕
2級キャリアコンサルティング技能士。
1978年生まれ。IT企業のネットワークエンジニアと、パソコン購入者向けのコールセンター事業部にて、主に電話対応員の教育およびフォローを担当。その後、貴金属メーカーの営業職として主に近畿、関東、中部、北陸地方へと足がかりなしの飛び込み営業にて、営業基盤を作る。デザイン事務所の営業 兼 ディレクションを担当し、顧客とデザイナーの調整、ホームページなど制作物のコピーライティングも手掛けた。
キャリアコンサルティング領域では、一般財団法人にて高校新卒やニート・フリーター、若年者に向けた就職支援(個別のキャリアコンサルティング、各種セミナー講師)に従事したほか、京都市内の私大にて大学生向けキャリアコンサルティング、セミナー講師、企業と大学を結ぶ求人窓口も経験した。
現在は、学生および若年者層のキャリアコンサルティングで得た、若者の就労意識・ニーズの聞き取り経験を活かし、セミナー講師として新卒者に向けたキャリア構築支援を行っている。
キャリアコンサルティングのケース数は9000を超え、働くうえでの疑問や課題をもつ学生や若手社員の課題解決に特化したエキスパート。

◆専門領域
内定者フォロー
新入社員教育
定着支援
新卒採用コンサルティング
若年者向けキャリアコンサルティング(面談・セミナー)